京都ホテルアンテルームはまるで泊まれる美術館!?蜷川実花らが手掛ける客室もの12枚目

名和晃平

出典:pbs.twimg.com

名和晃平

ガラスビーズやプリズムシートを使って彫刻の事物としてのリアリティを問い直す作品を制作。新世代の現代美術家として国内外で注目を浴びています。

この画像が掲載されている記事

京都ホテルアンテルームはまるで泊まれる美術館!?蜷川実花らが手掛ける客室も

京都のホテル「アンテルーム」では、客室を67室増床し、現代美術家たちが各部屋をプロデュースしました。まるでそこは泊まれる美術館!? ホテル アンテルームの魅力を...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング