ドラマは俳優よりも脚本で選ぶ時代?視聴者を満足させる脚本家のおすすめ作品【宮藤官九郎/古沢良太】の11枚目

宮藤官九郎のおすすめ作品:「ゆとりですがなにか」

15年経っても常に「イマ」の若者をリアルに描くクドカン作品。

この画像が掲載されている記事

ドラマは俳優よりも脚本で選ぶ時代?視聴者を満足させる脚本家のおすすめ作品【宮藤官九郎/古沢良太】

ドラマにおいてキャストが誰かは当然大きな要素ですが、実際に面白いお話を作っているのは脚本家の方ですよね。そんな脚本家の方々を、「どれだけ視聴者を満足させたか」で...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング