変わりすぎ?マイケルジャクソンの治療による風貌の変化の11枚目

マイケルジャクソンさんが患った尋常性白斑

この尋常性白斑とは皮膚病の一種で膚の色素の一部分がぬけて、それが徐々に広がってしまう自己免疫疾患だそうです。この白斑が全身に広がってしまう事もあるそうで、マイケルさん自身はかなり早い時期からこの病に悩まされていたそうです。

この画像が掲載されている記事

変わりすぎ?マイケルジャクソンの治療による風貌の変化

どんどん顔が変わってしまっていたマイケルジャクソンさん。白人になりたかった?美しくなりたかった?メディアによって捻じ曲げられたマイケルジャクソンさんが本当に治療...

この記事の画像一覧

関連記事

あっちゃん

雑貨屋で働きながら細々とライター活動中です。

ランキング