【蟹工船・小林多喜二】特高警察による惨たらしい拷問の果てに・・・【閲覧注意】の4枚目

映画化された蟹工船

戦前の資本主義時代の労働者を描く小説が現代に復活した理由は、新自由主義経済で格差が拡大し、貧困層の労働実態・生活実態は戦前と変わらないではないかと、当事者たちが感じているためと指摘されている。

この画像が掲載されている記事

【蟹工船・小林多喜二】特高警察による惨たらしい拷問の果てに・・・【閲覧注意】

日本のプロレタリア文学の代表的作家、小林多喜二は特高警察に捕まったのち、凄惨な拷問を受け亡くなりました。その真相に迫ります!

この記事の画像一覧

関連記事

disappearance

アニメ関連のまとめが多いです。消えた存在

ランキング