昭和の大歌手:淡谷のり子!コロッケ、清水アキラにモノマネされるブルースの女王の6枚目

日本のシャンソン歌手第一号:淡谷のり子

1935年「ドンニャ・マリキータ」がシャンソンとしてヒット。
「パレ・モア・ダムール」(きかせてよ愛の言葉を)をコロンビア入社当時に聞いてハマったのがきっかけでシャンソンを始めたそうです。

この画像が掲載されている記事

昭和の大歌手:淡谷のり子!コロッケ、清水アキラにモノマネされるブルースの女王

ブルースの女王、淡谷のり子。日本人最初のシャンソン歌手であり、紅白歌合戦で初出場トリを務めた方。「別れのブルース」で日中戦争で苦しむ日本兵を救い、モノマネ紅白歌...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング