【昭和落語の名人】5代目古今亭志ん生の生涯の7枚目

高座中に演目を間違える

「二階ぞめき」を演じていたはずが途中で「王子の狐」に変わってしまったことをキッカケに、高座を引退。
その後、1973年9月21日、自宅にて死去。

この画像が掲載されている記事

【昭和落語の名人】5代目古今亭志ん生の生涯

「20世紀の落語を代表する名人」とまで称される5代目古今亭志ん生。彼の死後、志ん生の名を継ぐ人はまだ現れていません。激動の昭和を生き抜いた古今亭志ん生の生涯をま...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング