連合艦隊司令長官山本五十六の非戦への思いの7枚目

真珠湾先制攻撃も戦争を早期に終わらせるための作戦

当時の首相の前で、「戦争になった場合は山本自らが飛行機や潜水艦に乗って1年から1年半は存分に暴れてみせると述べた。」
その間に、終戦への道を決意していたのでしょうね。

この画像が掲載されている記事

連合艦隊司令長官山本五十六の非戦への思い

第二次世界大戦期の連合艦隊司令長官。真珠湾攻撃とミッドウェー海戦での総指揮に当たったことから、海外でも太平洋戦争の日本を代表する提督として広く知られる。そんな軍...

この記事の画像一覧

関連記事

すのーぴー

働きたくないでござる

ランキング