売れることを放棄?スピッツの大名盤『ハヤブサ』【パンクロックバンドだった!】の17枚目

「もう一度、自分たちのやりたいことを」そして『ハヤブサ』を製作したスピッツ

レコード会社の暴挙、世間からのスピッツに対するイメージと本来自分たちがやりたかった音楽のギャップに悩んだスピッツ。

出した答えは「一度、本来自分たちがやりたかった音楽を作ろう!」というものでした。

そうやって完成したのがこの『ハヤブサ』でした。

この画像が掲載されている記事

売れることを放棄?スピッツの大名盤『ハヤブサ』【パンクロックバンドだった!】

「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」などでお馴染みのロックバンド・スピッツ。ポップで穏やかな楽曲を作るイメージのある彼らですが、そんなイメージを1ミリも...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング