売れることを放棄?スピッツの大名盤『ハヤブサ』【パンクロックバンドだった!】の10枚目

最後に12曲目「俺の赤い星」 - スピッツの大名盤『ハヤブサ』

11曲目「メモリーズ・カスタム」から続く12曲目「俺の赤い星」。

穏やかにスタートするものの、すぐに歪んだギターサウンドが目立つ暗い曲調に。
自虐的な歌詞が特徴的です。

この画像が掲載されている記事

売れることを放棄?スピッツの大名盤『ハヤブサ』【パンクロックバンドだった!】

「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」などでお馴染みのロックバンド・スピッツ。ポップで穏やかな楽曲を作るイメージのある彼らですが、そんなイメージを1ミリも...

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング