「人間失格」の太宰治の名言がビジネスマンなど現代人にも響く。の4枚目

生きるのが嫌になる太宰治の作品の名言まとめ

芥川龍之介を敬愛し、第一回芥川賞に作品を出すも落選。川端康成から「作者、目下の生活に厭な雲あり」と言われるほど鬱蒼とした内面を映し出す作品の数々。

だからこそ感じる「生」の光をまとめました。

この画像が掲載されている記事

「人間失格」の太宰治の名言がビジネスマンなど現代人にも響く。

「走れメロス」「人間失格」の作者・太宰治。現代までその人気が衰えないのはその鬱蒼とした人生が織りなす名言に共感を与えるのかもしれない。

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング