【6才のボクが~】監督リチャード・リンクレイターの映画まとめ【作品関係者と仲良すぎ!】の11枚目

リチャード・リンクレイター最高傑作!映画『6才のボクが、大人になるまで。』

6歳の少年が18歳になり自立して大学に通うまでを描いた映画。家族、自己。人生に最も重要で濃厚とされる自己意識を持つ6才から多感な時期を越え、達観する時期を過ごし、大人に変わるまでを描いた最高傑作。

この画像が掲載されている記事

【6才のボクが~】監督リチャード・リンクレイターの映画まとめ【作品関係者と仲良すぎ!】

「6才のボクが、大人になるまで。」でアカデミー賞候補の映画監督リチャード・リンクレイター。「ビフォアシリーズ」のイーサンホークなど作品関係者と仲良く作るのが好き...

この記事の画像一覧

関連記事

ジュエル

ダイヤモンド、ルビー、サファイヤなどの宝石が好き。

ランキング