国際派オダギリジョーが天才画家を演じる映画『FOUJITA』(フジタ)の魅力の5枚目

藤田嗣治の代表作「カフェにて」(1949)

日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などはヨーロッパで絶賛を浴びました。

この画像が掲載されている記事

国際派オダギリジョーが天才画家を演じる映画『FOUJITA』(フジタ)の魅力

フランスで活躍した日本の西洋美術家・藤田嗣治の生涯を日仏合作映画でオダギリジョーが演じます。猛特訓したフランス語や絵画の腕前に期待大。

この記事の画像一覧

関連記事

むぎばたけ

麦なくして人類は生きてゆけないでしょう。

ランキング