【昭和の大スター】美空ひばりの歌唱力の秘密は、彼女の人生にあった?【人生まとめ】の3枚目

「悲しき口笛」を歌う12歳の美空ひばり(左画像)

翌年の春、横浜で行われたのど自慢大会終了後、審査員のもとへ駆けつけ、アカペラで「悲しき竹笛」を歌いました。

審査員は感心して、「歌手になるなら頑張りなさい」とエールを送ったそうです。

このころには、昭和の大スターとしての片鱗を見せ始めていたということでしょうか。

この画像が掲載されている記事

【昭和の大スター】美空ひばりの歌唱力の秘密は、彼女の人生にあった?【人生まとめ】

名曲「川の流れのように」は、みなさん、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 彼女の美しくも力強い歌唱力の秘密はどこにあったのでしょうか。

この記事の画像一覧

関連記事

zosan

キリンさんが好きです。 でも、象さんの方がもっと好きです。

ランキング