綾瀬はるかの天然エピソード、本名やタバコに関する噂彼女の人気の秘密をまとめてみましたの1枚目

綾瀬はるか

2000年に芸能界入り。当初はグラビアアイドルとして活躍していたが次第に活躍の場を女優へと移す。
2004年ドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」でヒロイン役を演じ、ブレイクする。
2007年ドラマ「ホタルノヒカリ」では連続ドラマ初の単独主演。このドラマは続編、映画化されるなど綾瀬はるかの代表作となりました。
2013年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」で主演の新島八重を演じ、国民的女優となる。また、その年には紅白歌合戦の総合司会を務めた。

この画像が掲載されている記事

綾瀬はるかの天然エピソード、本名やタバコに関する噂彼女の人気の秘密をまとめてみました

綾瀬はるかの天然エピソードや驚きの本名、喫煙説、グラビア時代の画像、人気度などまとめてみました。

この記事の画像一覧

関連記事

ランキング