押切もえがモデルから作家、ウエディングドレスプロデューサー、ラジオDJへと幅を広げている!の2枚目

もえちゃん描き下ろし「浅き夢見し」

いまいちパッとしない25歳のモデルが直面する摩擦や誤解を通して成長するさまを描いています。実際にもえちゃんがモデルとして経験したことも作品の中でつづられているそうです。モデル業界の裏社会についてもしることができるそうです。華やかに見えるモデルの世界は熾烈な競争がくりひろげられています。ただスタイルがいい、顔がかわいいだけでは生き残ることはできないのです。メンタル面が相当強くないといけないのだろうと思わされます。

この画像が掲載されている記事

押切もえがモデルから作家、ウエディングドレスプロデューサー、ラジオDJへと幅を広げている!

ファッション雑誌のモデルとしてデビューした押切もえちゃん。モデルや女優以外にも作家としても頭角をあらわしています。プライベートでも多趣味でお料理上手だそうです。...

この記事の画像一覧

関連記事

jie

メリハリの効いた、ゆったりとした生活

ランキング