麻薬とジャズ。常習者という宿痾を抱えながら、偉大な足跡を残した男たちの1枚目

チェット・ベイカー

トランペット奏者で、チャーリー・パーカーにも認められたほどの腕前だったチェット・ベイカー。
若いころは容姿端麗だった彼も、麻薬に溺れ容貌が崩れてしまいました。
転落人生を送った彼のドキュメンタリーが一本の映画にまとめられるほどでした。

この画像が掲載されている記事

麻薬とジャズ。常習者という宿痾を抱えながら、偉大な足跡を残した男たち

20世紀前半のジャズに限らず、ミュージシャンと麻薬は切っても切れない関係でした。 そんな麻薬やアルコールに侵されながら、大きな成果と足跡を残した、1920年-1...

この記事の画像一覧

関連記事

スナフキン

人の目なんか気にしないで、思うとおりに暮らしていればいいのさ

ランキング