甘くて美味しいたまご酒のレシピと効能を紹介!本当に風邪に効果があるの?

風邪のひき始めに飲むイメージの強いたまご酒。そのたまご酒についてほんとうに風邪に効果があるのかやレシピについてまとめました。また、アレンジレシピも紹介します。

寒くなってきたらたまご酒を飲みませんか?

風邪をひいてしまいそうな季節にぴったりなたまご酒

たまご酒は体を温める飲み物として昔から重宝されている飲み物

いまでも風邪のときに飲んでいる人は多いですよね。

子子子子子子子@nekonokokoneko2

とりあえず、風邪の引き始めはポカリスエットにポッカ100レモン入れて飲みまくるのとたまご酒が有効ということは覚えた。次からは失敗しないぞい✊✊

でも実際たまご酒にはどのような効能があるのでしょうか?

名前は知っているけれど効能を詳しくは知らない人も多いですよね。紹介していきます!

たまご酒の効能にはどういうものがあるの?

風邪の時はたまご酒を飲みましょう

卵白に含まれる栄養素が風邪に良い

たまごの中には風邪の原因になる細胞を壊す働きがあると言われています。

卵白には、リゾチームという酵素が含まれ、風邪の原因となる細胞をやっつける働きがあるといいます。

出典:夕食は就寝の5時間前に済ませるべし 超健康体が手に入る食事法 - ライブドアニュース

たまご酒の日本酒にはアミノ酸が豊富

美肌だけでなく風邪にもいい日本酒を使うたまご酒

美肌だけでなく風邪にもいい日本酒を使うたまご酒

たまご酒には飲む美容液とも言われる日本酒を使います。その日本酒は美肌だけでなく、風邪にもいいとされています。

日本酒は、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、肝臓によいペプチドなど、多くの栄養素を含んでいる。

出典:50種類8時間飲み放題!神楽坂のカフェ風日本酒バルに女子も殺到! - ライブドアニュース

卵と日本酒を一緒に飲むことで効果アップ

ただ卵と日本酒を飲むだけでなく混ぜ合せて飲むことで効果は倍増

なのでたまご酒は風邪のときにぴったりなんですね。

アミノ酸が豊富な日本酒と抗菌タンパク質であるリゾチームを同時に摂取することが出来るからなのです。

出典:風邪の時は要注意! 鼻水で肌がかぶれるもう一つの原因|美容皮膚科シロノクリニック

ではそんなたまご酒のレシピを紹介します。

簡単すぎるたまご酒のレシピを紹介!

とても簡単にできるたまご酒レシピ

■レシピに必要な材料
卵 1個
日本酒 180cc
砂糖 20gほど(お好みで)

たまご酒のレシピ① 日本酒をあたためる

500wの電子レンジで2分ほど日本酒をあたためます。

たまご酒のレシピ② 卵と砂糖を混ぜる

日本酒をあたためている間に卵を割り、砂糖を加えてかき混ぜましょう。

たまご酒のレシピ③ あたたまった日本酒に卵を入れる

そしてよくかき混ぜればたまご酒の完成です!とても簡単なレシピですね!

基本のたまご酒を使った簡単アレンジレシピ

すりおろししょうがをプラスしたたまご酒レシピ

すりおろししょうがでよりあたたまるたまご酒のレシピ

普通のたまご酒でもかなり体があたたまりますが、生姜を入れることで効果がアップします。

日本酒 ・・・ 300cc
卵 ・・・ 2個
砂糖 ・・・ 60g~65g
生姜(すりおろし) ・・・ 小さじ1~2

出典:『生姜入りたまご酒』

とろとろとして食べやすい卵酒ライスプティングのレシピ

ふわふわとろとろのとろけるカスタードプリン風たまご酒のレシピ

たまご酒の味が苦手な人はこのカスタードプリン風のたまご酒をつくってみると飲みやすくていいかもしれません。

■材料(1人分)
ご飯 / 大匙4杯
日本酒 / 100cc
豆乳 / 100cc

メイプルシロップ / 大匙2敗
たまご / 1個

出典:『風邪をひいていてもいなくても食べたい、卵酒ライスプティング』

風邪のひき始めに飲みたいたまご酒のレシピを紹介しました

気になった方はぜひつくってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング