表参道の名建築を散歩できる 表参道ケンチク散歩って?散歩スポットをまとめました

表参道エリアの名建築を楽しく学びながらお散歩できる「表参道ケンチク散歩」が2016年の10月と11月に開催されます。どんなスポットを散歩するのでしょうか。そんな気になる「表参道ケンチク散歩」についてまとめました。

建物を巡る 表参道ケンチク散歩が開催されます

おしゃれな街・表参道エリア

おしゃれかつ、洗練された街・表参道エリア。

そんな表参道エリアの名建築を巡るツアー「表参道ケンチク散歩」が開催されます。

青山のスパイラル(運営:ワコールアートセンター)は11月23日、表参道エリアの名建築を巡る「表参道ケンチク散歩」を開催する。イベントは、前半は建築に関するレクチャーを行い、後半は表参道周辺の建築を見て回る2部構成。建築的領域の可能性をリサーチする独立プロジェクトRAD(Research for Architectural Domain)の川勝真一ディレクターが講師を務める。

出典:安藤忠雄や隈研吾の建築を学べる「表参道ケンチク散歩」開催

名建築を巡る 表参道ケンチク散歩

表参道エリアには、外観を眺めるだけでも楽しい建築物がいっぱい。

隈研吾や安藤忠雄などの建築物のコンセプトやデザイン、時代背景など建物が包摂している様々な文脈を知ることのできるお散歩企画です。

2回開催される表参道ケンチク散歩

表参道ケンチク散歩は、10月23日と11月23日14:00〜17:00(13:30開場)の2回開催されます。

どちらも定員に達してしまい、キャンセル待ちのみ受付中です。

表参道ケンチク散歩で巡るスポットを紹介

今回はそんな表参道ケンチク散歩で巡る、表参道エリアの名建築スポットの数々をご紹介します。

散歩したい!表参道エリアの名建築を紹介

散歩スポット①表参道エリアと言えばココ!

表参道ヒルズ

言わずと知れた表参道エリアの名建築。

安藤忠雄さんが設計した建物です。

中は回廊型の設計

中にはエスカレーターや階段はあまりありません。

上から下までぐるぐる階段無しで回れる回廊型アクセスが採用されており、廊下が全てのお店をゆっくり見れるようなスロープになっています。

散歩スポット②一際目を引く表参道エリアの名建築

PRADA表参道

ガラス張りぷくぷくしているような外観が特徴的なPRADA表参道。

スイスの建築家、ヘルツォーク&ド・ムーロンの作品です。

ひし形の窓が可愛い

全ての壁がひし形のガラスになっています。

この建物を設計したヘルツォーク&ド・ムーロンは、ミュンヘンのスタジアム「アリアンツアレナ」や北京のオリンピックスタジアムなどを設計しています。

散歩スポット③木を使った表参道エリアの名建築

ONE表参道

隈研吾さんの作品です。

ルイ・ヴィトンなどのグループのファッションビルです。

ポイントは木

太宰府にあるスターバックスなど、隈研吾さんの作品は木を使っていることが多く、特徴的ですよね。

ONE表参道も木を使っており、下から見るとこんな感じになっています。
この木のパーツは、室内を直射日光から守ることで省エネルギー効果もあるそうですよ。

散歩スポット④シャープで綺麗な外観の表参道エリア名建築

Dior表参道

シャープで綺麗な外観ですよね。

設計は、日本人建築家ユニットSANAAです。

二重構成になっている外壁

外壁はガラス張りではなく、実はガラスとアクリルによる二重レイヤー、二重構成。

これは、Diorのエレガントさや女性のスカートのドレープなどを表現しているそうです。

散歩スポット⑤表参道のセンス抜群な憩いのスポット

東急プラザ表参道原宿

明治神宮前駅のすぐそばにある東急プラザ表参道原宿。

設計を手掛けたのは、中村拓志さんです。

入り口が万華鏡のよう

エスカレーターで登っていく万華鏡のような入り口や、6Fのスターバックスと繋がっている屋上テラス「おもはらの森」など、開放的な空間です。

他にもたくさんの名建築がある表参道エリア

名建築散歩にぴったりの表参道エリア

表参道エリアには紹介したスポット以外にも、TOD'S表参道ブティックやLOUIS VUITTON表参道店、SPIRAL、COLLEZIONEなど見るだけで楽しい名建築がたくさんあります。

表参道でショッピングする際には、名建築にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング