侮れないお酒のカロリー!飲み方を工夫すればダイエット中でも飲み会が楽しめる!

毎週、もしくは毎日飲んでいても意外と知らないお酒のカロリー。実はかなり高いものが多いんです。そんなお酒でも、賢く飲めば太らない!飲み会で人ともお酒ともうまく付き合う方法をご紹介します。

楽しくても気になるお酒のカロリー

やっぱり気になるお酒のカロリー

飲み会などお酒を飲む機会が増えるとやっぱりカロリーが気になりますよね。

お酒のカロリーって一体どれくらい?

あっという間に太ってしまった...!なんてことが無いように、お酒のカロリーをきちんと知っておきませんか。

実はこんなに高かった!お酒のカロリーをきちんと把握しよう

ビールのカロリーは約150kcal以上

ビールのカロリーは350mlで150kcal、500mlで200kcal。中ジョッキはだいたい500mlと同じカロリーといえます。

発泡酒のカロリーは約80~160kcal

だいぶ幅がありますが、たいていアルコールの度数に比例してカロリーも増えます。

カクテルのカロリーは約90~200kcal

やはり甘い分カロリーも高いのが、カクテルやチューハイなどのお酒です。

日本酒のカロリーは1合(180ml)で約200kcal

イメージとは反対に、糖質が含まれている日本酒もカロリーは高めです。

カロリーの高いものが多いお酒

ダイエット中でもお酒を楽しめる賢い飲み方をご紹介します。

もう太らない!お酒のカロリーを抑えて楽しむ方法

カロリーの低いお酒を選ぼう

低カロリーな蒸留酒を選ぼう

通常の醸造酒とは違い、1種類のアルコールしか含まれていない蒸留酒。ウイスキーや焼酎などは糖質も脂質も含んでおらずダイエット中にはおすすめのお酒です。

低カロリーで美容の味方のお酒 赤ワイン

ワインはビールなどに比べて飲む量が少なく、カロリーも100mlで70kcalとそこまで高くありません。また赤ワインにはポリフェノールも含まれていて、お肌にも良いお酒ともいわれています。

お水をこまめに挟んでお酒の摂取カロリーを減らそう

アルコールを分解してくれる水

アルコールを分解するのに必要なお水をこまめに摂ることで、アルコール代謝が速くなります。

お酒の量も減る

アルコール摂取のスピードも遅くなるため、肝臓にも負担をかけず摂取するカロリーの量も減ります。

野菜から食べてお酒の摂取カロリーを抑えよう

摂取カロリーを抑えてくれる野菜

食物繊維が豊富に含まれる野菜には、血糖値のが急激に上昇するのを抑え、糖質を吸収する速さも緩やかにする働きがあります。

ご飯や麺類などの炭水化物はあまり摂らないようにするのもポイントです。

お酒の席にはキャベツがおすすめ!

特にビタミンUを含むキャベツは、胃の粘膜を保護してくれる働きがあるのでおすすめです。

低カロリーのおつまみでお酒の席でのカロリーを抑えよう

ビールといえば枝豆!

アルコールの分解を促進し肝臓の負担を減らしてくれる枝豆は、まさに理想のおつまみ!

ビール×枝豆 は本当にぴったりの組み合わせなんです。

お刺身などもお酒におすすめのおつまみです

枝豆の他にも、消化を助けてくれるお刺身やビタミン豊富なサラダなどもお酒の席におすすめのおつまみです。

シメに汁物でお酒のカロリーを抑えよう

汁物で満足感を

意外にも満足感が得られる汁物。シメに飲めば身体も温まって代謝も上がります。

しじみの味噌汁がおすすめ!

味噌汁のなかでも、特に肝臓に良いと言われています。

お酒も飲み会も楽しんで

賢い飲み方で、人ともお酒ともうまく付き合ってみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング