飲み会でもカロリーを抑えたい!ダイエットを諦めないローカロリーなおすすめカクテル

飲み会に誘われたら断れない、でも太りたくない。そんな時に選ぶべき、ローカロリーなカクテルをまとめました。

飲み会でも安心のお酒選びって?

誘われるとつい参加してしまう飲み会

ダイエットのためにと思ってても、誘われるとつい行ってしまうのが飲み会ですよね。

*美姫*@miki_68

あーあ、日付変わる前に帰りたかったけど全然だめやねん。。。飲み会誘われるとつい参加しちゃってだめだね。。。楽しいんだもん。。。

ゆうみmam@ymr4225

今日は夜飲み会だから飲みすぎないようにしなきゃまた太るーヽ(;▽;)ノ最近体重せっかく戻したのに意味なくなるからな(´Д` )

かわいくて美味しいカクテルが飲みたい

せっかくの飲み会なら、甘くて美味しいカクテルが飲みたい人も多いはずです。

でも、甘口のカクテルほどカロリーが多いものが多いんです!

おすすめできないカクテルは、カルアミルク、カシスオレンジ、ピニャコラーダなどの女性が好きな甘いお酒のもの。また、食後のデザートと一緒に楽しむ食後酒(デザートワイン)は、甘口で糖分をたくさん含むものが多いので、これもダイエットにはNGです。

出典:飲み会続きでヤバイ!痩せたい女性が絶対飲んじゃダメなNGお酒 - Ameba...

ここに名前のある甘口カクテル、好きな人もおおいですよね。

飲むならローカロリーなカクテルを

カクテルの中にも、カロリーの多い少ないがあります。

飲むにしても、少しでも摂取カロリーを抑える方法を考えたいですよね。

スピリッツ(蒸留酒)を使っているものが断然おすすめ。
割る飲み物には、フルーツジュースを使ったものよりも、カロリーの低いソーダ水、トニックウォーターなどを使用しているものがベター。

出典:飲み会続きでヤバイ!痩せたい女性が絶対飲んじゃダメなNGお酒 - Ameba...

ちゃんとした基準があればローカロリーなカクテルが選べます。

飲み会でもダイエットを守れるローカロリーなカクテルをご紹介します!

ローカロリーで美味しいおすすめカクテル

ラムカクテル

モヒート(80kcal)

ラムをベースにライム、ソーダ、ミントなどを加えたカクテル。

爽やかな飲み口でカロリーも抑えめですが、オリジナルメニューになると一気にカロリーが変動するので注意。

キューバ・リバー(100kcal)

ラムにライムとコーラを加えたカクテル。

元からカロリーは抑えめな上に、ダイエットコーラを使うお店も案外多いので、カロリーを抑えやすいカクテルです。

ウォッカカクテル

シーブリーズ(95kcal)

ウォッカにカシスやクランベリーを加えたカクテル。

ウォッカはローカロリーなため、カシスやクランベリーを加えて飲みやすくしても控えめで済みます。

ブルー・ラグーン(112kcal)

スカイウォッカという空色のウォッカに、レモンとブルーキュラソーを加えたカクテル。

基本的にウォッカは辛口ですが、フルーツとの相性が良いので味もカロリーもバランスが整いやすいです。

ビールカクテル

シャンディガフ(44kcal)

ビールにジンジャーエールを加えたカクテル。

ビールカクテルはカロリーを抑えやすく、またジンジャーエールも種類によってさらにローカロリーになります。

レッドアイ(40kcal)

ビールにトマトジュース、レモンを加えたカクテル。

ローカロリーに加えてトマトの分量が多いためカクテルの中ではかなりヘルシーです。

ワインカクテル

キール(70kcal)

白ワインにカシスリキュールを加えたカクテル。

定番ながらカロリーの高いカシスオレンジに飲み口としては近い、ローカロリーカクテルです。

ミモザ(53kcal)

シャンパンにオレンジジュースを加えたカクテル。

フルーツジュースを加えても抑えめになるくらい、ワインやスパークリングワインはローカロリーです。

油断は禁物!飲み会の落とし穴

カクテル表示はあくまで目安

カクテル毎のカロリーをまとめてきましたが、大抵はお店独自のレシピで作られるのがカクテルです。

材料によってカロリー量は大きく変動するので、このカロリー表示はあくまで目安だと思ってください。

飲みすぎだけじゃなく食べ過ぎにも注意!

カクテルのカロリーを抑えたからと言ってフードメニューを食べ過ぎたら元も子もありません。

特にお酒に合うものはカロリー高めの料理が多いです、そこはぐっとこらえて!

ローカロリーとはいえ、カクテルにカロリーはつきものです。健康のためにもダイエットのためにも、飲みすぎには注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング