富士フィルムがマイケル・コースと新作インスタントカメラでコラボ!おすすめは?

アメリカのライフスタイル・ブランド「マイケル・コース」と人気インスタント・フィルム・カメラ「Instax Mini」の発売元としても知られる「富士フィルム」がコラボしてインスタント・フィルム・カメラ「MICHAL KORS×FUJIFILM INSTAX Mini 70」を発売します。若い人を中心に人気が高まっているインスタント・フィルム・カメラの魅力とおすすめの機種についても紹介しています。

マイケル・コースと富士フイルムがコラボしたインスタント・フィルム・カメラ

マイケル・コースと富士フィルムがコラボ

アメリカのライフスタイル・ブランド「マイケル・コース」と日本の老舗フィルム・メーカー「富士フィルム」がコラボし、インスタント・フィルム・カメラを発売することが発表されました。

2016年10月20日からインスタントカメラの販売を開始

マイケル・コースと富士フィルムコラボのインスタント・フィルム・カメラ「MICHAL KORS×FUJIFILM INSTAX Mini 70」は2016年10月20日に世界同時で発売されます。

特別なデザインと機能性をもつ

表面にマイケル・コースのブランド・ロゴ、裏面にマイケル・コース氏のサインが印字された特別なデザインの「MICHAL KORS×FUJIFILM INSTAX Mini 70」。セルフィー撮影のための機能やフラッシュ機能を充実させたモデルになっているようです。

マイケル・コースのカメラバッグも発売

ヴィンテージのカメラバッグを模してデザインされたマイケル・コースのカメラバッグもコラボ商品として発表されました。マイケル・コースらしい革製で上品なカメラ・バッグですね。

MICHAL KORS×FUJIFILM INSTAX Mini 70 18,000円
カメラ・バッグ 63,000円
替えストラップ 28,000円

なぜ今人気? インスタントカメラの魅力

フィルムカメラへの回帰

スマホで手軽に写真をとれるようになった現代

スマートフォンで手軽に写真を撮影し、instagramやsnap chatなどSNSに投稿するのが主流な時代ですよね。

若者を中心に起こっているフィルムカメラへの回帰

そんなデジタルの時代ですが、若者を中心にフィルム・カメラへの回帰が起こっているんです。若者が注目し直しているフィルム・カメラの良さはどこにあるのでしょうか。

簡単に味のある写真が撮れる

デジタルでは表現できない荒く温かい質感

フィルムでしか表現できない温かくてザラッとした質感はたしかに魅力的。

白黒での撮影もできる

カラーだけでなく白黒で撮影できる機種もあります。フィルム・白黒ならではのノスタルジックな写真がすてきですね。

1枚1枚にこだわって撮影する楽しさ

限りあるフィルムの枚数分しか撮影できないフィルムカメラですが、構図にこだわって1枚1枚を大切に撮影する良さを感じている人も多いそうです。

撮影方法も簡単で始めやすい!

絞りやシャッタースピード、ピント調整など難しい技術を必要とするイメージがあるカメラですが、ほとんどのインスタント・カメラは屋内・屋外のモードを選択したり、被写体とのだいたいの距離でモードを切り替えるという簡単な操作で使うことができます。

パーティーで大活躍のインスタント・フィルム・カメラ

撮ってすぐに印刷されるインスタント・フィルム・カメラはパーティーなど大人数で楽しむ場で使えば盛り上がること間違いなしです。味のある写真をその場で楽しめてしまうのも人気の理由なのでしょう。

撮った後も楽しい インスタント・フィルム・カメラの魅力

余白に書き込みを

インスタント・フィルム・カメラならではの余白に日付やメッセージ、メモを残すことができます。

手帳やノートに貼る

インスタント・フィルム・カメラで撮影した写真はノートや手帳に挟んだり貼ったりするのにちょうど良い大きさですね。

インスタント・フィルム・カメラで壁をディスプレイ

写真を壁に貼ったり吊るしたりしてディスプレイするのもすてきです。

おススメのインスタント・フィルム・カメラを紹介

「Intax mini 8」

初心者におすすめの「Intax mini 8」

値段が7,000円とお手頃で初心者も使いやすい、もっとも一般的なインスタント・フィルム・カメラと言えるでしょう。

カラーバリエーションも豊富

まるみを帯びたデザインがかわいく、色のバリエーションの多さも嬉しいですね。

「Instax Mini 90」

レトロなデザインが魅力的な「Instax Mini 90」

「Instax Mini 90」は四角くてレトロなデザインが魅力的ですね。

機能性もじゅうぶんな「Instax Mini 90」

撮影残数の表示や明るさ調整の機能も搭載しています。

「Lomo‘Instant」

「Instax Mini」のフィルムで撮影できる

国産ではありませんが、「Instax Mini」のフィルムを使って撮影できるのが嬉しい「Lomo‘Instant」。

手動で設定する楽しさ

色彩と光の選択肢が多く、手動で設定できる範囲が広いのが特徴です。撮影の幅が広がって、いつまでも夢中でいられますね。

近年再び注目されているフィルムカメラの魅力と、撮ってその場で楽しめるインスタント・フィルム・カメラの良さについて紹介しました。マイケル・コースと富士フイルムのコラボカメラの発売が楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング