プリザーブドフラワーの作り方をご紹介!大切な人へのプレゼントにいかが?

半永久的に本物のお花が楽しめるプリザーブドフラワー。プレゼントなどにもらうととても嬉しいですが、実はおうちでつくることもできるんです。意外と簡単なプリザーブドフラワーの作り方をご紹介します。

かわいいプリザーブドフラワー

プレゼントにもらうと嬉しいプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

半永久的にみずみずしい花の美しさを楽しめる、夢のようなお花ですね。

プリザーブドフラワーとは特殊な技術をもとに生花のみずみずしさ美しさをできるだけ長い期間楽しめるように作られたお花のことです。

「ブリザーブドフラワー」「ブリザードフラワー」とも呼ばれたりもしていますが、英語で”保存された”を意味する「プリザーブド」、「プリザーブドフラワー」が正しい呼び方になります。

出典:プリザーブドフラワーとは? | プリザーブド通販アトリエチュラ

つん@tumu_co

大阪旅行をもらったのにサプライズでプリザーブドフラワーをもらいました🦄💕💕枯れない本物のお花🌹♡素敵です🤗ありがとうかずきくん( °ू༥°ू )♩♩ https://t.co/fgCOEdnZF9

ゆぅやん。@plant_yuu_

昨日もらったプリザーブドフラワーとブーケ。めちゃ綺麗じゃない?♡ https://t.co/mcFEwtknAt

実は自分で作れるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは実は手作りできるんです

お店で並んでいるようなプリザーブドフラワーですが、実はおうちで手作りできるんです。

作り方が気になりますよね。

ポストにさきを投げ入れて✉@sakinko427

プリザーブドフラワー初めてのこの間作った🌹 意外と簡単だったな、、センスあればもっと作ってみたいんだけど…

プリザーブドフラワーの作り方をご紹介

意外と単純なプリザーブドフラワーの作り方をご紹介します!

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーをおうちで簡単に作る材料

プリザーブドフラワーの材料とは

基本的には2つの液を用意すればおうちでプリザーブドフラワーがつくれます。

【材料】

・無水エタノール
・グリセリン
・食紅

・適当な食器
・アルミホイル
・ティッシュ

出典:『手作り プリザーブドフラワーに挑戦』

乾燥剤

最後の乾燥の時、乾燥剤などがあると便利です。

消毒用エタノール

お花の脱水・脱色用です。
脱色のときには、アルミホイルで蓋をして、容器を密封するのがおすすめです。

精製グリセリン

着色の時に使います。
グリセリン:水を2:1の割合で混ぜた液に食紅やインクを垂らし、人肌に温めます。

プリザーブドフラワーの作り方・工程を紹介

プリザーブドフラワーの作り方①花を脱水・脱色する

プリザーブドフラワーをエタノールに浸し、1日漬けておきます。

プリザーブドフラワーの作り方②好みの色に着色

プリザーブドフラワーなら、花をお好みの色で着色できますね。

人肌に温めたグリセリンとインクの液に、お花の茎の部分のみを入れて、直射日光の当らないところで1日おいておきます。

プリザーブドフラワーの作り方③花の部分のみ切り取る

お花が好みの色を吸ったら、花の部分だけ切り取って乾燥させます。

2日ほど乾燥剤を入れたケースに入れればできあがり。ポイントは出来るだけ新鮮な花を用意することです。できれば切りたてが最高です。

出典:プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーの作り方④綺麗なプリザーブドフラワーの完成

好きな色で着色した素敵なプリザーブドフラワーができあがります。

プリザーブドフラワーを手作りしてみて

大切な人へのプレゼントやインテリアのために、おうちでオリジナルのプリザーブドフラワーを作ってみてはいかがでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング