手縫いのリボンでハンドメイドのあたたかさに触れる!作り方は簡単で使用用途は様々

ハンドメイドのものってどことなくあたたかい感じがしていいですよね。ミシンを使わないでも手縫いで可愛いリボンを作ることができるんです!アレンジや使用用途も合わせて紹介します。

ハンドメイドのものはあたたかみがあって良い!

どこかホッとするハンドメイド

ハンドメイドの雑貨や小物ってなんだかほっとする安心感がありますよね。

自分で使っても愛着がわきますし友達への心のこもった素敵なプレゼントにもできます。

そら@Aimer@c_d_e_f_b_c

ハンドメイドっていいね。 複製しても同じものは ひとつもなくて。 どの作品も 世界に一点しかないっていう。 手書きのお手紙に似てる。 あたたかいね。 https://t.co/HBlm1haVRe

小さいものであればミシンいらず!

洋服やクッションを作るのであればミシンが必要かもしれませんが小物雑貨であれば手縫いでも十分に作ることができます!

そこで今回は何かと使えるリボンを手縫いする方法を紹介します!

手縫いでつくる!手作りリボン

何かと使えるかわいいリボン!

リボンはアクセサリーとしてはもちろんのことシンプルな手鏡やポーチなどにつけるといっきに持ち物の女子力アップです!

作り方はいたって簡単

リボンは手縫いで簡単に作ることができます。

また、種類も豊富なので自分好みの形のものを思い思いの素材でつくってみましょう!

手縫いリボンの簡単な作り方

基本の手縫いリボン!無難な形で使いやすい

基本のリボンの材料

10cm×5cmの布 3枚
(二枚はリボンの本体、一枚はリボンの帯)
アイロン
針と糸

①リボンの帯部分を作成

出典:pbs.twimg.com

①リボンの帯部分を作成

三枚の内の一枚の布を縦に三つ折りにします。

くせがつくように定規などで擦り付けるかアイロンがけしておきましょう。

②リボン本体部分の作成

二枚の布の表側を内側にして縫い合わせていきます。

縫い代を5mmほど残して外周を縫い合わせます。この時すべて縫い合わせず、2,3cmほど残しておきましょう。

③布をひっくり返す

先ほど2,3cm開けていた返し口から布を表側にひっくり返します。

この時に縫い針などで布をつついて返すとやりやすいですよ。

④リボンの形を作っていく

布が横からみてM字になるように形成して真ん中を縫い合わせます。

これでリボンの本体部分か完成です。

⑤帯をつけたら完成!

最初に三つ折りにした布を切れ端がある方を内側に本体に巻きつけてほつれないようにはしを織り込んで縫い止めます。

これで手縫いのリボンの完成です!

アレンジをくわえた手縫いリボンでさらにかわいい!

ワンポイントにチャームをつける

出典:pbs.twimg.com

ワンポイントにチャームをつける

リボンの帯を縫う際に帯部分にチャームを通すとさらに可愛くなります!

ワタをつめてぷっくりリボンに

布をひっくり返してからワタやティッシュを詰めればぷっくりとしたかわいらしいリボンに変身です!

ワタの量を調節すればボリュームも自由自在です!

素材を変えて印象チェンジ!

リボンの素材も黒のレースのものに変えて大人可愛い印象に!

合皮素材などでつくっても素敵です。

手縫いリボンは何かと使える!手縫いリボンの使用例

手縫いリボンをアクセサリーに

グルーなどで髪ゴムやヘアピンにつけてアクセサリーとして使用するのが一番無難なのではないでしょうか?

ポニーテールやハーフアップをした際のワンポイントにピッタリです!

愛するペットに手縫いのリボン

自分で作ったリボン、愛犬や愛猫の首輪につける人もいます。

リボンでなんだか猫ちゃんも高貴に見えます!

手縫いリボンでカバンやポーチをかわいく飾る

手縫いリボンに安全ピンなどを取り付けて普段使うポーチやカバンにつけると少し味気ないデザインのものもいっきに華やかに!

手縫いリボンからはじめるハンドメイド

とっても簡単で可愛い上に使い方も様々な手縫いのリボン。

まずは手縫いのリボンからハンドメイドのあたたかさに触れてみるのはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング