賢い収納で毎日の服選びをもっと楽しく!使いやすい収納術とは?

きれいに使いやすく収納すれば、毎日の服選びが楽しくなるはず。収納テクニックを紹介します。

服の収納ってどうしていますか?

服の収納って難しい

限られたスペースでうまく服を収納するのってなかなか難しいですよね。

せっかくなら使いやすい収納を!

使いやすく収納すれば、毎日の服選びもきっと楽しくなります。

使いやすい服の収納テクニック

吊るして収納

服の長さを揃えて収納

服を吊るして収納するときは、服の長さを揃えましょう。そうすると、下に収納スペースが生まれます。

洋服を吊るして並べるときは、洋服の長さを揃えて並べると、下の収納スペースを最大限に活用できます。
ランダムに並べてしまうと、下の空間にムダなスペースができてしまいます。

出典:クローゼットの収納ポイント

ラックを奥にもう一本つけて収納

奥に伸縮棒をもう一本つけることで、オフシーズンの服やあまり着ない服を吊るして収納できます。

オフシーズンの衣類などは、その裏側に注目してみて。 幅いっぱいに対応できる大型の伸縮棒を取り付けると、斜めに重ねながら洋服が吊るせます。 めったに着ないフォーマルウエアなどの収納場所にも最適です。

出典:クローゼットの収納ポイント

ハンガーの間に洗濯バサミをつけて見やすく収納

アイテムごとに、服を吊るしたハンガーの間に洗濯バサミをつけることで、使いやすい収納になります。

ハンガーパイプに服を吊るした時、「ジャケット」「ブラウス」「スカート」などのアイテムの境に、大きめの洗濯バサミなどをつけておくと、しまう時に定位置が見つけやすく「使っているうちにぐちゃぐちゃに…」が防止できます。

出典:クローゼットの収納ポイント

たたんで収納

吊るした服の下に収納ボックス

空いたスペースに収納ボックスを置いて、靴下などの小物を収納すると取り出しやすく便利です。

洋服を吊るした下に中途半端なすき間が出たら、カゴを並べて有効活用できます。ハンカチや靴下など、引き出しでは深すぎる小物の収納スペースとして、利用すると便利です。

出典:クローゼットの収納ポイント

たたんで立てて収納

幅を揃えてたたんだ服を、収納ボックスに立てて収納すると見やすく場所も取らずに収納することができます。

畳むのも一度慣れてしまえば、体が覚えて勝手に畳んでしまっています。
引き出しの中にあまり詰め込みすぎない事も重要です。7~8割に抑えておくと、崩れることもなく取り出しやすいです。

出典:洋服の収納法は3種類。全てが見えるクローゼットを目指そう。 -...

平置きして収納

スペースに余裕があるなら、ショップ風に平置きして並べてみても良いです。平置きは服が傷みにくく、おしゃれで見やすいので選ぶのも楽ちんです。

平置きで保管する(中略)収納方法もありだと思いますよ。今日はどれをつけようか選ぶのが、毎日楽しいです

出典:「無印アイテムで、実家の和室をモダンな旅館風に」みんなの部屋 vol.29(荒川区)

おすすめの収納グッズ

キャスター付き収納

キャスター付きのものを選べば、服を選ぶときに取り出しやすく使いやすいです。

スタックボックス

重ねて大きさを収納スペースによって変えることが出きます。また、正面で開閉できるので取り出しやすく服などを取り出しやすいです。

ワイヤーカゴ

何が収納してあるかがひと目でわかるので便利です。靴下やスカーフなどの小物をしまうのにもオススメ。

押入れハンガー

低いスペースで吊るす収納がしたい時に便利です。

使いやすい収納で、毎日の服選びをもっと楽しく!

賢く収納して気持よく服選びを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング