神楽坂la kagu(ラカグ)リニューアルオープン!素敵なホンモノに出会えるお店

神楽坂のキュレーションストアla kagu(ラカグ)がリニューアルオープン!衣食住と知が融合した新しいセレクトストアです。アーティストやデザイナー、バイヤーが選んだ商品を建築家・隈研吾のリ・デザインした新潮社倉庫で探してみませんか?

神楽坂のキュレーションストアla kagu(ラカグ)がリニューアルオープン!

新しい価値とであう場所la kagu(ラカグ)

la kagu(ラカグ)

神楽坂にあるキュレーションストアla kagu(ラカグ)。2014年から続くla kagu(ラカグ)は2016年に満を持してリニューアルオープン!

「la kagu」は、神楽坂に住むフランス人たちが「カグラザカ」と発音しにくく、「ラカグ」と呼ぶことがあるというエピソードから採用された。周辺地域との連携を深めながら施設を通して地域の魅力を多くの人に伝え、さらなる街の賑わいに寄与していきたいという願いが込められている。

出典:神楽坂に新商業施設「ラカグ」オープン −...

la kagu(ラカグ)は隈研吾の設計デザインした再生建築物

新国立競技場の建築家・隈研吾事務所が内装デザイン

la kagu(ラカグ)は再生の建築家として新国立競技場や青山のスターバックスなどを手掛ける隈研吾事務所が内装デザインをしています。

新潮社の倉庫をリメイクしたla kagu(ラカグ)

新潮社とライフスタイルブランドのサザビーリーグが運営するla kagu(ラカグ)。建物自体ももともとは新潮社の在庫本倉庫だったようです。

「衣食住+知」のライフスタイルを提案するキュレーションストアla kagu(ラカグ)

本当によいものを一流バイヤーがそろえたla kagu(ラカグ)ファッション

la kagu(ラカグ)がえらんだ最高の洋服

1階にウィメンズファッション、2階はメンズファッション。一流のデザイナーやバイヤーがハイブランドからベーシックなブランドまで良いモノだけをそろえています。

幅広いジャンルのブランドをキュレート

トップスタイリストが良いと思った洋服を幅広いジャンルからセレクトしているから自分に合ったお気に入りが見つかるはず。

la kagu(ラカグ)だからできるアーティストが選んだ世界の上質な生活雑貨

世界の上質な生活雑貨がそろうla kagu(ラカグ)

欧米やアフリカ、東南アジアなど世界中から良いモノだけを集めたla kagu(ラカグ)の生活雑貨。アメリカの琺瑯食器、アフリカの民族工芸などあらゆるモノがそろっています。

la kagu(ラカグ)ならではアーティストが選んだ雑貨も

新潮社という出版社が運営するla kagu(ラカグ)ならではで辛酸なめ子、水野学、金子渚などコラムニストやデザイナーなど様々なアーティストがセレクトした商品がそろっています。

新潮社がゆえのla kagu(ラカグ)以外ではなかなか読めない本たち

la kagu(ラカグ)だから素敵な本にであえる。

新潮社の本の倉庫にもとからあった本棚を使ってブックディレクターの幅允孝の選書がならぶla kagu(ラカグ)。

他では見たことないすごくかっこいいスポーツ雑誌とか

la kagu(ラカグ)だから見つかる本があるはずです。

全国のおいしいものがそろったla kagu(ラカグ)

衣食住のキュレーションストアla kagu(ラカグ)

キュレーションストアla kagu(ラカグ)は衣食住の食もこだわって選んでいます。

鎌倉の名物カフェバリスタが焙煎したコーヒー

服や家具や本をえらんで疲れたら、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモンディモンシュ」の堀内隆志がla kagu(ラカグ)のために焙煎したコーヒーでホッと一息。

最も旬な食材をつかったフードメニュー

“気取らない、でもおいしい”料理をコンセプトに全国の人気店メニューや世界の旬な食材をつかった料理などを提供しています。

リニューアルオープンで追加された喫茶マドラグのたまごサンド

京都で話題の喫茶マドラグのたまごサンドがla kagu(ラカグ)リニューアルオープンでメニューに追加され、連日大人気です。

素敵な出会いをもとめてla kagu(ラカグ)へ

la kagu(ラカグ)
住所:〒162-0805 東京都新宿区矢来町67
アクセス:神楽坂駅徒歩1分
SHOP 11:00 - 20:30
CAFE 11:00 - 20:30(L.O 20:00)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング