有馬温泉の日帰り旅行でリラックス 疲れも癒やされるほっと一息旅を

リフレッシュしたいと思った時に、考えつく方が多いのが温泉。日帰りでも温泉に浸かると身も心も癒されますよね。数ある温泉の中でも、今回おすすめするのは有馬温泉です。古くから湯治場として有名な有馬温泉には、多くの温泉施設があります。また関西の都市圏からのアクセスも楽な有馬温泉は日帰りにもオススメです。今回はそんな有馬温泉でおすすめの日帰り温泉施設を紹介します。

高い人気を誇る有馬温泉

関西圏の人から人気の有馬温泉

じゃらんのランキングで2位の有馬温泉

じゃらんが掲載している関西の人気温泉地ランキングでは堂々の2位に有馬温泉がランクインしています。

アクセスが抜群の有馬温泉

大阪から1時間、京都から1時間30分、三宮から30分、姫路から1時間30分と関西の主要駅からも近いため、泊りがけだけでなく、日帰りの人も多く訪れます。

人気の秘密は2つの温泉

茶褐色の金泉

鉄分と塩分を豊富に含んでいます。

温泉に含まれる塩の成分が肌にベールを作るため、湯冷めせずに体の芯からポカポカになります。

無色透明な銀泉

炭酸ラジウム混合低温泉の銀泉は血行促進、免疫力アップに効果があります。

泉質もズバ抜けてスゴイ!療養泉として指定される10の主成分のうち、7つ(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、放射能泉)の主成分が含まれています。

出典:もう一度行ってみたい人気温泉地ランキング2016【関西】TOP5を発表!(2) -...

古くから湯治客で賑わった有馬温泉

飛鳥時代からある有馬温泉

631年に当時の天皇が有馬温泉に訪れたことが記録で残っています。

行基が温泉地としての基礎を築く

東大寺造立に貢献したことで知られる行基ですが、彼が現在の有馬温泉の基礎を築いたとされています。

その後繁栄を遂げていった有馬温泉

有馬温泉は天災や人災で何度も被害を受けてきましたが、その都度改修が行われてきました。

今日に至るまで、湯治場として有馬温泉は人気を誇っています。

今回はそんな有馬温泉で、日帰りで楽しめる施設を紹介します。

日帰りでも楽しめる!有馬温泉のおすすめスポット

金の湯・銀の湯

有馬温泉の金泉を堪能

茶褐色の金泉のお湯に入ることができる日帰り客に人気の施設です。

玄関の横には無料の足湯もあります。

銀泉のお湯も屈指の人気を誇る

金の湯が金泉なら、銀の湯は銀泉。

どちらも人気が高く、はしごをされる日帰り客の人が多いようです。

モニ姉スポーツ祭@moniizm

日が変わって一昨日になりますが、日帰りで有馬温泉に行ってきました。4年ぶり、金の湯・銀の湯共に、ええ湯でございました。隣の県やから近いし、夕方の高速バスの時間まで、ゆっくり観光できました

有馬グランドホテル

最上階の大浴場から臨む景色は絶景

有馬温泉の街並みを一望できる大浴場が人気です。

入浴と食事付きの日帰り客向けのセットが販売されており、贅沢な日帰り旅を楽しむことができます。

しゅうめい@shu_mei

有馬グランドホテルで日帰り温泉。金泉の温泉に入る。備え付けの肌年齢測定器で測定したら、38歳だった。温泉で2歳若返ったらしい(笑)ホテルのレストランでカキフライ定食に有馬巻を頂く。結局、ステーキを食べてない(笑) https://t.co/BdNc7XbnQJ

上大坊

「有馬温泉で一番」と言われるほどの濃度

金泉を使っているこちらは、有馬温泉でも一番と言われるほど成分の濃度が高いことで知られています。

特に有馬温泉に通い慣れている人たちの間で人気の高く、日帰りで訪れる人も多いのだとか。

とんぬらBT@BtTonnura

今日は有馬温泉一濃いと噂の上大坊の日帰り湯に寄った 金泉と言うよりこげ茶色の湯になってて塩分濃度が半端ない 温度も結構熱めで目の前がコロッケ屋という立地 もうここを超える有馬温泉の日帰り湯は無さそうなレベルやわ からの名水六甲生ビールがクソうめぇえええ

太閤の湯

有馬温泉初級者におすすめの日帰り温泉施設

湯船が多く、お湯の種類が豊富なところが人気です。

一日中いても飽きないので、初めて有馬温泉にきた人にもおすすめの施設です。

りー@andou_ph

日帰りで有馬温泉に行ってリフレッシュしてきた。 散歩して見つけた自分へのお土産で、極み出汁を購入。味見して美味しかったので(о´∀`о) #金泉焼きも美味しい #太閤の湯 https://t.co/J1qrc9mMOS

日帰りで入浴できる施設が多くありますね。有馬温泉は効能が高く、日頃の疲れも癒されそうですね。

ぜひロケーションや値段など、自分の好みにあう日帰り温泉施設に行ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング