朝のちょっとした工夫でパーマが長持ちする!?とっておきのスタイリング法とは?

せっかくかけたパーマ。どうせなら一日中カールをキープしたいですね!パーマもちが良くなる朝のスタイリング法をご紹介します!朝の一工夫でパーマが長持ちする秘訣を提案します。

せっかくかけたパーマを長持ちさせたい!

パーマを少しでも長持ちさせたい!

せっかくかけてオシャレになったパーマ。髪質によってはすぐ取れてしまったり、カールをキープできなかったりということも。

でも、朝は忙しいし、朝のスタイリングはできるだけ時間をかけたくない・・・。

朝の限られた時間でできるスタイリング

スタイリングしたら一日中保ちたいですが、朝にカーラーを巻く時間はない!というかたも多いでしょう。

それでも実は朝のちょっとしたスタイリングでカールの持ちが変わってくるのです!

パーマを長持ちさせる朝のスタイリング法

1 カールさせたい部分を軽く湿らせる

朝のシャワー後か毛先から半分ほどの髪を湿らせる

スタイリングの時に朝のシャワーが習慣になっている人はそのままシャワーを浴びれば大丈夫!髪を朝洗う週間がない人は根本を残して湿らせましょう。

寝起きの髪を起こす効果が!

濡らすのはシャワーでも水でも、霧吹きのようなミストでも大丈夫です。

朝のシャワーは濡らすことで髪の毛を起こしてくれます。

2 洗い流さないトリートメントを少量つける

パーマをかけた時点で髪は傷みやすくなっている

いろんなパーマがありますが、パーマをかけると傷みやすい髪の毛になってしまいます。

洗い流さないトリートメントをドライヤー前に

ドライヤーの熱なども髪を痛める一因なので、ドライヤー前にちゃんと毛先や気になる箇所をケアしましょう。

髪にハリや艶があるほどパーマも美しく仕上がります!

3 指でねじりながらしっかりドライヤーを

パーマ長持ちの一番の鍵はドライヤー!

どのパーマもしっかり乾かす必要があります。まずは指先で髪をねじりながらドライヤーをかけましょう。

カールを髪に形付けるように何度も繰り返します。

乾いてきたら手で毛先のカールをキープ

髪全体が乾いてきたら、ドライヤーを弱風か冷風にします。

そして手のひらで囲うようにカールした部分をキープします。よりいっそうパーマが再現されやすくなります!これを繰り返しながら弱めの風で完全に乾かしましょう。

おまけ 髪質に合ったスタイリング剤でカールをキープ

パーマのカールをよりはっきりと

1から3の手順をきっちりやれば案外長持ちするパーマが完成していますが、もっとカールをはっきりさせたい場合はワックスやスプレーを使いましょう。

おすすめパーマ用スタイリング用品

傷んだ髪に必須!パーマにおすすめのトリートメント

ケラスターゼ NUソワンオレオリラックス

オイルなのにベタつかずしっとりなめらかになると人気のシリーズです。濡れた髪になじませてドライヤーをかけるとパーマに艶が出ます。

大島椿

椿油100%のヘアオイルです。お風呂でヘアパックとして使ってもドライヤーの前にトリートメントとして使っても効果は抜群です。また、全身に使える万能オイルとしても好評です。

ケアもしながらしっかりセットもできる!おすすめドライヤー

パナソニック ドライヤーナノケア

ミネラルマイナスイオンを発生してキューティクルケアができ、また髪UVケアもできる優れものです!

CREATE ION クレイツイオン ハリウッドドライヤー

均一に乾かせる上に大風量タイプでサロン顔負けの威力があります!

ベタつかずに艶出しまで!おすすめワックス

リーゼ うるおいパーマもどしフォーム

髪の毛を乾かしたあとにくしゅくしゅするだけでパーマがよみがえるワックスです。固まったりべたついたりしないのでデートの時でも安心して使うことができます。

朝のスタイリングにもピッタリですね。

モルトベーネ ロレッタ メイクアップワックス

サロンなどでも使用されているロレッタのメイクアップワックス。

パーマのふわふわ感に合う軽さに加えてキープ力もあるので人気が高いです!

しっかりパーマをキープ!おすすめスプレー

ルベル トリエスプレー10

欲しいキープ力によって商品を選べ、カールを長持ちさせるにはぴったりです。

値段もお手頃価格で使いやすいのもうれしいですね!

デミ ウェーボ ジュカーラ ヘアカスタ

スプレーやワックスやミルクでもない独特のスタイリング剤「DEMIヘアカスタ」。

パーマには持って来い軽さを演出できます。デザインも可愛らしく人気あります。

パーマが決まれば朝からもっと楽しくなる!

もっとパーマを楽しもう

朝のスタイリングにちょっとした一工夫を加えるだけでパーマを保つことができます。朝から爽快な気分で出かけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング