清潔な加湿器で肌に優しい毎日を!クエン酸で徹底的に掃除する方法

乾燥から肌身を守るためにも重要な加湿器。しかし、放っておくと汚れで効果が半減してしまうかもしれません。そんなことになる前に、きちんと掃除をして加湿器を清潔に保ちましょう!

清潔な加湿器は効果抜群

乾燥から身を守ってくれる加湿器

お肌にとって乾燥は大敵!加湿器は世の女性たちを乾燥から守ってくれる、大切なアイテムですよね。

きちんと掃除をして清潔な空気を保って

でもちゃんと手入れをしていないと、雑菌が増えてしまって効果が半減してしまうこともあるんです。そこで、加湿器を清潔に保つ方法をご紹介します。

加湿器を清潔に保つために必要なこと

加湿器の汚れの正体を知ろう

加湿器の汚れの原因とは

加湿器にこびりついている白いカスやヌメリの原因は、実は水なんです。

加湿器の汚れってなに?

加湿器本体やタンクにつく白いカスは水に含まれているカルシウムが固まったもの、ヌメリは細菌が繁殖してしまったものなんです。

加湿器を清潔にするために必要なものを用意しよう

クエン酸

水の汚れにとっても効果があるのが、柑橘類にも多く含まれているクエン酸です。酸性で、水垢や石鹸垢などを綺麗に落とすうえ、除菌効果もあるんです。

100均やドラッグストアで簡単に手に入れることができます。

消毒用エタノール

消毒作用や殺菌作用があり、冷蔵庫や水周りなど清潔に保っておきたい場所に最適のエタノール。

薬局で簡単に手に入ります。

バケツ

加湿器のフィルターが全部浸かる程度の大きさのバケツを用意します。

なるべく清潔なものが良いです。

タオル

雑菌がつかないよう、清潔なタオルを用意します。

スポンジやいらない歯ブラシ

こびりついた汚れなどを落とすのに使います。また細かいところを掃除する時のために、綿棒なども用意しておくと良いです。

掃除のときに絶対注意すべきこと

加湿器のコンセントはあらかじめ抜いておく

コンセントに水は厳禁。漏電する可能性があるからです。

誤って濡れた手で触ってしまわないよう、加湿器のコンセントはあらかじめ抜いておきましょう。

火の気は避ける

引火してしまう恐れのあるエタノールを使うため、コンロなどの火の気のあるところでの作業は避けましょう。

きちんと掃除して加湿器を清潔に

フィルターを掃除して加湿器を清潔に

バケツの水にクエン酸を1%溶かす

まず、バケツに水かぬるま湯を注ぎます。そこにクエン酸を1%の濃度で加えて溶かします。

目安は、水2リットルにクエン酸を大さじ1杯。

フィルターを浸す

出典:pbs.twimg.com

フィルターを浸す

軽くゆすいだフィルターを、汚れが水に浮いてくるまで30分から2時間程度浸します。

終わったらクエン酸が残らないようにしっかりと水で流し、水気を取ります。画像のように洗面台でやることもできます。

トレイを掃除して加湿器を清潔に

水が溜まるトレーもクエン酸で清潔に

出典:pbs.twimg.com

水が溜まるトレーもクエン酸で清潔に

水が溜まるトレーは、先ほどのクエン酸溶液に浸しながらスポンジや要らない歯ブラシなどで擦ると汚れがうまく落ちます。

それでも落ちない場合はフィルターと一緒にしばらく浸け置きしておきます。

ヌメリ汚れにはエタノールを

赤いヌメリが付いているときは、水気を飛ばした後にエタノールを湿らせたタオルで擦って清潔にします。

本体を掃除して加湿器を清潔に

加湿器本体はタオルで拭き掃除

加湿器本体はエタノールを湿らせたタオルで拭いて掃除します。

綿棒などを使えば、蒸気の吹き出す部分も徹底的に綺麗にすることができます。

給水タンクはクエン酸溶液で

給水タンクはクエン酸溶液を入れて、シャカシャカと振り洗いします。

最後はクエン酸が残らないようにしっかりと水ですすぎましょう。

清潔な加湿器で健康・美容を促進

アロマオイルを落とせば乾燥を防ぎながら香りも楽しめるという、とても有能なアイテムですよね。

そんな加湿器を清潔に保って、もっと綺麗になりましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング