国立西洋美術館が世界遺産に!都内の建物が綺麗な美術館3選

東京上野の国立西洋美術館を含む、ル・コルビュジエの建築作品が世界遺産に認定され注目を浴びています。今回は、東京都内の建物が綺麗な美術館を3つピックアップしてまとめました。

上野・国立西洋美術館が世界遺産に登録

国立西洋美術館など「ル・コルビュジエの建築作品」が世界遺産に

世界遺産に登録された国立西洋美術館

台東区・上野公園内にある美術館。西洋の美術作品が展示されています。1998年の免震工事により、安全性と機能性、デザイン性が見事に調和した建築物として認められ、2007年には国の重要文化財にも指定されました。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第40回世界遺産委員会は17日、東京・上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産への登録を決めた。日本の世界遺産としては20件目となる。

出典:国立西洋美術館、世界遺産に はや長蛇の列

グローバルに展開されたル・コルビュジエの建築文化が認められ、世界文化遺産史上初めて、大陸をまたいでの登録となりました。

近代建築の名匠 ル・コルビュジエ

近代建築の先駆者ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエは、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」とも言われ、芸術と機能性が調和した「サヴォア邸」など、多くの有名な近代建築を設計しました。

コルビュジエは近代建築の先駆者として名高い。コンクリートやガラスなど大量生産可能な建材を多用し、合理性や機能性を重視した。その設計思想は、時代の要請と合致していたと言えよう。

出典:国立西洋美術館 近代建築に光当てる遺産登録

世界に広がったコルビュジエの建築作品

写真はフランス・フィルミニのル・コルビュジエ遺産という建築群の中にある文化会館。この他にも世界各地に多くのコルビュジエ作品が残っています。

国立西洋美術館の建物としての美しさ

1階部分を柱で支えるピロティ様式

1階の壁を取り去り、柱で支えることによって建物が中に浮かぶような外観や1階部分の開放的な空間を演出しています。

1階部分は柱だけを残して、構造体が宙に浮いたように見えるピロティ様式や、らせん状の回廊、展示作品の増加に応じて、渦が広がるように増床できる平面設計など、「無限発展美術館」の構想を体現した作品として、内外に高く評価される近代建築だ。

出典:祝・世界遺産登録…国立西洋美術館は地震対策もスゴかった! | ハザードラボ

開放感のあるエントランスホール

天井からは自然光が差し込み、屋内でありながら開放感があります。

四角いらせん状の展示回廊

国立西洋美術館の中央にある19世紀ホールを囲むようならせん状の展示回廊。

国立西洋美術館の世界遺産登録で、今後美術館に注目が集まっていきそうですが、美術館とか芸術はよくわからない!という人も多いのではないでしょうか?今回は、都内ですぐに行ける建物が綺麗な美術館を3つまとめました。

東京都内の建物が綺麗な美術館3選

根津美術館

青山にある閑静な美術館 根津美術館

【住所】東京都港区南青山6-5-1
【開館時間】10:00~17:00(入場16:30まで)
【休館日】月曜日・展示替期間・年末年始(ただし月曜日が祝日の場合、翌火曜日)
【入館料】一般(特別展:1,300円、コレクション展:1,100円)
【アクセス】地下鉄表参道駅から徒歩8分

2009年に新創された和風家屋を思わせる大屋根が印象的な本館は、現代日本を代表する建築家隈研吾氏の設計によるもので、地上2階・地下1階の構造です。

出典:根津美術館情報|根津美術館

隈研吾が設計した和風の建物

こちらの写真の長い廊下は隈研吾や根津美術館を知らなくてもどこかで見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。

癒やしの空間に貴重な美術品の数々が

根津美術館のコレクション数は7,000件を超え、これらのうち国宝7件、重要文化財87件、重要美術品94件(平成28年3月末時点)があり、貴重な美術品の数々を見ることができます。

都会の喧騒を忘れさせてくれる日本庭園

建物自体だけでなく庭園も非常に美しく、都会とは思えない空間が広がっています。

三菱一号館美術館

丸の内のオフィス街に復元された 三菱一号館美術館

【住所】東京都千代田区丸の内2-6-2
【開館時間】10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日(祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館)、年末、元旦、展示替え期間
【入館料】展覧会により異なる
【アクセス】JR東京駅から徒歩5分、地下鉄二重橋駅・日比谷駅から徒歩3分

赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。
コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術を中心に、
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、オディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン作品等を収蔵。

出典:三菱一号館美術館について

イギリス人建築家による、洋風のクイーン・アン様式の建物です。

クラシカルなレンガの建物の内側には西洋風の庭園

三菱一号館美術館の中庭は「一号館広場」と呼ばれ、庭にもオブジェが設置されており、こちらでモダンな彫刻作品を鑑賞することができます。

三菱一号館美術館@ichigokan_PR

#MuseumWeek/#建物MW】 三菱一号館美術館に併設されている一号館広場にもぜひお立ち寄りください。 春めいて草花も元気になってきました! https://t.co/tT0HBiGckX

美術館に行った後の休憩に Café 1894

明治時代の銀行の営業室を再現したという店内でランチやデザートを楽しんでみてはいかがでしょうか。ディナーは予約がオススメ。

森美術館

六本木の上空にある現代的な美術館 森美術館

【住所】東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
【開館時間】
月・水~日曜日10:00~22:00
火曜日 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
【入館料】一般:1,600円
【アクセス】地下鉄六本木駅・麻布十番駅から歩いて5分前後

夜遅くまで鑑賞できる美術館。現代アートを中心にファッション、建築、デザイン、写真、映像など様々なジャンルの斬新な展覧会を開催。

出典:森美術館/森アーツセンターギャラリー | 六本木ヒルズ - Roppongi Hills

年間を通して様々な展覧会が行われているので、何度行っても飽きません。

美しい入り口・ミュージアムコーン

森タワーのふもとにある森美術館の入り口・ミュージアムコーンへ入ると、早速美しい空間が広がります。ここから森タワーへ入り、エレベーターで一気に53階へ。

ビルの53階にガラス張りの広い空間

オフィスが多く入居する高層ビルの中とは思えない広々とした空間で、外側がガラス張りになっています。高所恐怖症の人は注意?

美術鑑賞後は夜景を楽しむこともできます

森美術館のある森タワーの高層階には、東京シティビューという展望台もあり、別料金を払うことで、都心から天気が良ければ富士山までもが一望できます。

夜は東京の夜景や星空を楽しむことができるのでオススメです。

都内の建物が綺麗な美術館を3つ紹介しました。芸術はよくわからないという人も、建物という外の形から入ってみるのもいいかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング