女子も楽しめる観光地!青森の観光スポットご紹介!

ねぶた祭りぐらいのイメージだった青森の観光でも、実はいまどきの青森観光はオシャレな場所がたくさん!弘前公園の素敵な木々、大正ロマンの藤田記念庭園、原宿系の現代美術館・十和田市現代美術館、太宰治のおうちなどなど青森の観光スポットまとめました。

青森に行ったら行きたい場所をご紹介します

青森に行きたい!

でも、青森って何見たらいいんだろう?

そんな青森の観光名所ご紹介します!

こちらは最近青森で人気の田んぼアート。ドラクエや大河ドラマなどとコラボしていたりします。

青森の観光地まとめ

ステキな並木道の弘前城・弘前公園

晴天の弘前城

重要文化財にもなっている青森観光の定番スポット。現存日本列島最北端の天守閣が存在します。

春には満開の桜でピンクに染まる弘前公園

新緑の季節は浴衣で青森観光

秋は紅葉で四季折々いつきても感動する弘前城と弘前公園

弘前城・弘前公園
住所:青森県弘前市下白銀町1
最寄駅:弘前駅 徒歩30分
城内入園料金:大人 310円、子供 100円

大正ロマンの藤田記念庭園

ハイカラな大正の邸宅・藤田邸

弘前公園ほど近くの大正8年に建てられた藤田謙一さんの別邸で、ハイカラなステンドグラスなどをあしらった建物づくりと、江戸風の庭園がステキで女性観光客の多い場所。

藤田記念庭園の美しいお庭を見にくる観光客も多いです

藤田記念庭園にはテラスカフェも併設

アニメのモデルにも使われた、モダンな雰囲気のカフェスペース。

青森のアップルタルトが人気です

ゆっくりと大正の時間をあじわいに藤田記念庭園へ

藤田記念庭園
住所:青森県弘前市 上白銀町88
最寄駅:弘前駅 徒歩30分
入園料:大人(高校生以上)310円 子供(小・中学生) 100円

現代美術館・十和田市現代美術館

十和田市現代美術館は青森だけど原宿系

青森観光に来たけれど現代的なものも見てみたいという方におすすめなのが十和田市現代美術館。

遠くから見ると何かがいる十和田市現代美術館

青森にあるのが意外な、ゆるくて可愛い美術館ですね。

原色の現代アートは青森観光写真の名所になってます

原色がきらびやかに青森の澄んだ空とマッチしていて写真スポットにぴったり

美術館の中も鮮やかです

一度は訪れておきたい十和田市現代美術館

十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
最寄駅:弘前駅 徒歩30分
営業時間:9:00~17:00(月曜定休日)
入園料:特別展600円 常設展510円 高校生以下無料

文豪・太宰治の育った旧家斜陽館

太宰治の生家・斜陽館

太宰が生まれる2年前に建てられた豪邸。様々な太宰治作品で描写されるお家で文学の向こう側に思いはせられる青森の観光地。

洋風の豪邸には太宰直筆原稿なども

ものうげなイケメン太宰と暮らす日々を思い描いて邸宅探検です

太宰治のマントを着て青森観光記念写真もぜひ

斜陽館
住所:青森県五所川原市金木町朝日山412-1
最寄駅:津軽鉄道金木駅 徒歩7分
営業時間:5~10月:8:30~18:00(最終入館17:30) 11~4月:9:00~17:00(最終入館16:30)
館内料金:大人500円 高校生大学生300円 小学生中学生 200円

近くで小説に登場したコーヒーも飲めます

お隣の駅・芦野公園駅には小説「津軽」で登場した駅舎のコーヒーが飲めます。ホンモノの駅舎なので電車の券と一緒に注文してください。

喫茶店「駅舎」
住所:青森県五所川原市金木町芦野84-171
最寄駅:津軽鉄道芦野公園駅
営業時間:10:00~17:00
駅舎珈琲450円

おみやげはA-FACTORYとワラッセの青森駅周辺で

帰りは青森駅へ

青森駅から新幹線で帰る直前におみやげを買っておこう。

青森駅にあるA-FACTORY

ベイエリアのおしゃれな場所A-FACTORY

A-FACTORYではいろんな青森のお土産が売ってるので新幹線に乗る前に買っちゃおう

A-FACTORY
住所:青森県青森市柳川一丁目4番2号
最寄駅:青森駅
営業時間:9:00~21:00

青森ベイブリッジに差し込む斜陽を背に新幹線へ

気になった方はぜひ青森に!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング