京都の庭園が美しい!極上の景色を味わえるスポットまとめ

京都といえば寺社仏閣をはじめ多くの観光スポットがありますね。その中でも、建物だけでなく庭園が美しいスポットが多いことをご存知ですか?神秘的な石庭や爽やかな竹林など、京都でしか見ることのできない絶景庭園をまとめました。

京都旅行といえば?

京都といえば神社仏閣!と思う人が多そうですが…

清水寺や金閣寺など建物そのものに歴史がありそこに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

京都には魅力的な「庭」が多い!

京都といえばお寺や神社などが有名なイメージですが、見ごたえのある日本庭園も数多くあります。

こちらは京都・東福寺の庭園です。植物だけでなく、岩や石などを用いられ申請で厳かな雰囲気。

京都を更に魅力的にする庭園を巡っていきましょう!

京都で有名な庭園はどんなところ?

京都で「枯山水」といえば龍安寺

神秘的な美しさを持つ龍安寺

大きな4つの石。規則性もなく並んだ石と、砂によって枯山水で造り上げた庭園が魅力の龍安寺の石庭。見る人によって庭のイメージも様々であったり、未だに製作者が分かっていなかったりと多くの「謎」に包まれた神秘的な庭です。

龍安寺の石庭の謎!石は何個見えますか?

石庭の石の数は合計15個。しかし、庭園をどの角度から眺めても1つは他の石に隠れるなどして決して15個は見えないようになっているんだとか。

本当にそうなのか試してみたくなりませんか?

龍安寺について

拝観日時:3月1日~11月30日8:00a.m - 5:00p.m.
     12月1日~2月末日8:30a.m - 4:30p.m.
拝観料:  大人・高校生 500円
      小・中学生 300円
アクセス:【電車】京福電車龍安寺道駅(徒歩7分)
【バス】市バス50番系統立命館大学前下車(徒歩7分)

異なる4つの庭を楽しめる東福寺

”一切の無駄がない”庭がある東福寺

作庭条件に「本坊内にあった材料は、すべて廃棄することなく、もう一度再利用する」という異例の条件が付けられた本坊庭園。禅の「一切無駄をしてはならない」という教えにも結びつき、厳しい制約の中でできた庭園は今までになく斬新なものといわれています。

また、もみじといえば東福寺というくらい京都でも有名なお寺です。

切石を再利用して出来た小市松模様が素敵な北庭

西庭にある市松模様に続く形で最初はしっかりと作られた市松模様がだんだんと崩れ最後には消えていくように配置されています。苔とのコントラストも美しいですね。

東福寺について

拝観日時:4月~10月末まで9:00~16:00
     11月~12月初旬まで8:30~16:00
     12月初旬~3月末 9:00~15:30
拝観料:【通天橋・開山堂】400円(小中学生 300円)
    【本坊庭園】400円(小中学生 300円)
アクセス:【電車】JR奈良線・京阪本線東福寺(徒歩10分)
【バス】「東福寺」バス停下車。

まるで映画の中にいるような気分になれる竹の寺

広い竹林に癒される地蔵院庭園

京都で「竹の寺」と呼ばれ親しまれている地蔵院。どこまでも高い竹がそびえながら作られた庭園は私たちの気持ちを穏やかにしてくれます。

あの一休さんも癒された!かもしれない地蔵院庭園

かの有名な一休禅師が幼少の頃に修行したといわれる地蔵院。一休さんもこの美しい竹林を眺めていたのでしょうか・・・。

地蔵院庭園について

拝観日時:9:00-16:30
拝観料:大人  600円、高校生以下 300円
アクセス:【電車】阪急電車上桂(徒歩約12分)
【バス】京都バス苔寺鈴虫寺(徒歩約3分)
市バス苔寺口(徒歩約10分)

比叡山と庭園が美しい寺

借景庭園の最高峰「円通寺」

庭園の背景にある景色自体を庭園の一部に取り入れる「借景庭園」が素晴らしいと評価される円通寺。枯山水式の庭園は国の名勝にも指定されています。

庭園と比叡山が見事にマッチしている円通寺

晴れている日や紅葉の季節は特に美しいとされる円通寺。この借景を保護するための条例まであり、いつまでも残しておきたい風景ですね。

円通寺について

拝観日時:10:00-16:30(4月~11月)、10:00-16:00(12月~3月)
拝観料:大人 500円、中学生以下 300円
アクセス:【バス】京都市営バス4号系統「深泥池」下車

京都の美しい庭園を堪能しちゃいましょう

四季折々の風景を庭園で楽しむことができますよ!

京都のお寺は桜の名所にもなっているところがいくつかあります。こちらは龍安寺のしだれ桜です。

京都の庭園で四季を楽しむってすてきですね。

秋は京都の庭園で紅葉を鑑賞

お寺によって紅葉も様々ですので、いろいろなところに足を運んでお気に入りの庭園を探してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング