ボヘミアンスタイルを大人コーデに取り入れるコツは?レースやフリンジがポイント!

流行のボヘミアンスタイルをさりげなく、大人っぽさを残したままコーディネートに取り入れる方法を紹介します。2016年夏はボヘミアンスタイルでおしゃれになりましょう!

2016年夏も人気!取り入れたいのは「ボヘミアンスタイル」

ボヘミアンスタイルって?

主に民族衣装やジプシーの要素をとりいれたファッションのことを指します。70年代流行のファッションとして知られていますが、2015年から人気が再燃しています。

ヨーロッパ周辺の民族衣装を思わせる柄や刺繍もボヘミアンスタイルの一つ。

特徴はレースとフリンジ

ボヘミアンスタイルの特徴としてはレースやフリンジが挙げられます。

昨年の秋冬からトレンドのボヘミアンスタイルですが、その流れが春夏までずっと続いているみたい。
各ブランドからもたくさんのボヘミアンなアイテムが出ています♡

出典:XZ(クローゼット) 着回し発見ファッションコーディネートアプリ

全身ボヘミアンはハードルが高い

流行だからといっていきなり全身をボヘミアンスタイルで揃えるのは難しいですよね。

ボヘミアンスタイルの上手な取り入れ方を紹介!

普段の大人かわいいコーディネートへの、ボヘミアンスタイルの自然な取り入れ方を紹介します!

大人っぽいコーディネートに!ボヘミアンスタイルの取り入れ方を紹介

フリンジ・レースのトップス

フリンジとレースのトップス

パンツが太すぎず、サンダルもシンプルなのでボヘミアンなトップスとのバランスを上手にとれています。

黒のトップスの上に

黒のワンピースの上にレース×フリンジを合わせています。黒によって全体が引き締まり、大人っぽくなりますね。

それとなくガーリーに

同系色でガーリーにまとめていますが、良く見るとボヘミアンのレース、フリンジをおさえたファッションです。

編みブラウスも

民族風の編みブラウスもなにげないボヘミアン要素として取り入れやすそうですね!

オフショルダーのトップス

太めのデニムとサンダル

オフショルダーのトップスで肩をだすスタイルも、ボヘミアンファッションの特徴のひとつです。

オフショルダー×太めのデニム×シンプルなサンダルは外さないコーデですね!

さりげないボヘミアン

白いシンプルなオフショルダーがさりげなくて良いですね。清楚なのにどこか色っぽい印象を与えてくれます。

ガウチョやロングスカートとも

同じく流行のガウチョパンツやロングスカートと合わせれば、より大人らしい印象になります。

黒 × 黒

黒いレースのオフショルダーブラウスに黒のゆるいパンツを合わせています。ナチュラルかつ大人っぽい印象ですね。

刺繍トップス

デニムでシンプルに

V字に開いた襟と刺繍の柄が大人っぽいですね。

太めデニムだとガーリーさアップ!

刺繍ブラウスに太めデニムを合わせればガーリーさがアップします!デニムのロールアップは忘れずに。

思いきってスカートと

派手めのひざ丈スカートとぺたんこサンダルが良い塩梅でカジュアルですね!

白以外の刺繍ブラウス

白以外を選ぶことで自ずと大人っぽさが増すかもしれません。シンプルなアクセサリーと合わせているのもおしゃれです。

レース・フリンジのカーディガン

フリンジのカーディガン

カーディガンはどわっとしていてボヘミアン感強めですが、中のトップスとパンツはシンプルにモノトーンでまとめています。

レースは黒と相性◎

綺麗なレースはシンプルな黒のトップスによって引き立てられます。

パンツは太めデニムで!

ロングカーディガンは太めのパンツとの相性が良さそうです。銀のサンダルもシンプルで良いですね!

だぼっとしたオールインワンに

ゆるめのオールインワンにも合わせられますね。

フリンジバッグ

バッグだけボヘミアン!

白×ベージュのシンプルな服の組み合わせに、フリンジのバスケット型バッグだけでボヘミアン要素を投入しています。

モノトーンコーデにも

バッグひとつで程よいボヘミアンを表現できるのは嬉しいですね!やわらかくておしゃれな印象です。

茶色以外もある!

白のフリンジバッグはよりコーデを邪魔せず、洗練された印象に。

もっとさりげなく取り入れられる!

よく見るとバッグにしっかりフリンジが取り入れられています!ここまでくると上級者コーデですね。

ボヘミアンスタイルを普段のコーディネートにさりげなく取り入れる例を紹介しました。流行のボヘミアンスタイルを自分らしく楽しんでみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング