あなたはどっち派?スプラトゥーンの魅力と過去に行われたフェスの内容を紹介します

大人気ゲームであるスプラトゥーン。オンラインで行われるフェスというイベントでは、お題に対してA派、B派に分かれて対戦し、決着をつけます。過去のお題は「ごはん派VSパン派」、「赤いきつねVS緑のたぬき」、「愛VSおカネ」などなど。今回はそのお題について紹介します。

スプラトゥーンを知っていますか?

国内累計で131万本も売れている!スプラトゥーン

発売から1年以上経った今でも大人気なゲームです。

子供だけでなく大人にも人気なスプラトゥーン

家族でハマる人も多いのだとか!

「子どもに買い与えて、その親がはまってしまった」というくらいの人気らしく、コンセプト通り、老若男女楽しめます。

出典:大人もはまるSplatoon~WiiUスプラトゥーン~ – Soraの欠片

大人もハマるスプラトゥーンってどんなゲームなの?

スプラトゥーンは一味違うガンシューティングゲーム

スプラトゥーンは最大4対4で行なうガンシューティングゲーム

でも普通のガンシューティングゲームとは一味違うんです!

発射するのが弾丸ではなくインク!

普通だったら弾丸で戦うのに対し、スプラトゥーンはインクで戦います。

インクなら女性も楽しみやすいですね!

最大の特徴は通常のTPSと異なり「発射するのが弾丸ではなくインクである」ということで、キル自体は可能だが勝敗はキル数ではなく「フィールド中に自分の色のインクをぶちまけ、その面積で勝敗を決める」というルール

出典:Splatoonとは (スプラトゥーンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

初心者も上級者も楽しめるスプラトゥーン

自分のチームの色の上では高速で動くことができるのに対し相手チームの色の上では移動もしにくい

インクをいかに多く塗るのかが重要になってきます。

スプラトゥーンは初心者でもチームに貢献できる

初心者はとにかくインクを塗り、上級者はいかに相手チームの邪魔をしながら陣地を広げていくかを考えながら対戦できます。

どんな人でも気軽に取り組めますね!

インクを塗らないと移動も補給もままならないため、インクを塗って陣地を増やすことが重要なる。このため、対戦相手と直接戦闘が難しい初心者でもとりあいず陣地を塗ることでバトルに貢献でき、上級者は仲間の通り道を塗って確保したり、敵の移動経路を塗って分断してしまうなどの高度な戦略が可能となる。

出典:Splatoonとは (スプラトゥーンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

大人数で対戦できるフェスも楽しいスプラトゥーン

フェスは2つのチームに分かれ勝敗を決める期間限定イベント

自分が好きな食べ物などでチームに分かれて対決します。

フェスの1週間前から広場にフェス投票所が設置されて好きなほうに投票する

友達とでも知らない人とでもチームを組んで対戦できるので、楽しさが倍増します。

特定の日付時刻から24時間限定でフェスが開催される。
オンラインで2つの陣営に分かれ、期間内のバトルの結果の合計で勝敗を決める。

出典:フェスマッチ [ Splatoon/スプラトゥーン 攻略wiki ]

楽しそうですね!

友達とでも知らない人とでも一緒になって楽しめるフェスは、過去にどんなものがあったのでしょうか?

過去に行われたスプラトゥーンのフェス内容と結果を紹介

朝ごはんはどっち派?「ごはんVSパン」勝者はごはん派!

朝ごはんにどっちを食べるかの対立でしたが、朝お米を食べることにこだわる人は今の時代にも多いようです。

どっちが好き?「赤いきつねVS緑のたぬき」勝者は赤いきつね派!

「うどんVSそば」だと、もしかしたら結果が変わっていたかもしれませんね。

このように、企業の商品がお題になるケースも結構あります。

さっぱり派?甘め派?「レモンティーVSミルクティー」勝者はミルクティー派!

より甘さの強いミルクティーが勝ちました。

好きな寿司ネタは?「イカVSタコ」勝者はイカ派!

スプラトゥーンというゲームはイカをモチーフにしたキャラがいるので、その影響もあったのではないでしょうか。

世界を救うのは?「愛VSお金」勝者は愛派!

やっぱり、必ず最後に愛は勝つのです。

食べたいのはどっち?「海の幸VS山の幸」勝者は海の幸派!

新鮮な海の幸を食べたい人が多いんですね。

初代ポケモンはどっち派?「レッドVSグリーン」勝者はグリーン派

懐かしさを感じるお題を制したのはグリーン派でした。

このようにフェスでは毎回楽しいお題が出されています。

気になった方は、友達とでも1人でも参加してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング