簡単アンチエイジング!毎日1杯の「豆乳」で得られる効果まとめ

美肌・ダイエット効果があることで有名な「豆乳」。せっかく毎日飲むのなら、豆乳の「どの成分がどんな効果を発揮するのか」意識しながら続けたいですよね。そこで豆乳の効果や、より効果が発揮される飲み方について紹介します。

美容効果に注目されている豆乳

豆乳に美容効果があるってホント?

すでに生活の中に取り入れている女性も多い豆乳。

様々な健康効果を発揮する豆乳

女性にうれしい効果を厳選してご紹介します。

女性にうれしい豆乳の効果まとめ

豆乳の「ダイエット効果」

実験でも立証されている!豆乳のダイエット効果

豆乳による脂質代謝の改善効果について、ラットを用いた実験が行われたようです。

この実験論文でも、豆乳によるダイエット効果が立証されたと記されています。

高脂肪食投与ラットにおいて乳酸発酵豆乳を摂取すると,肝臓の脂質代謝を改善して血中TG濃度を低下させると推定された.

出典:CiNii 論文 - 高脂肪食摂取ラットの脂質代謝に及ぼす乳酸発酵豆乳の効果

豆乳の「サポニン」と「大豆たんぱく」がダイエット効果を発揮

豆乳にダイエット効果があるのは、「サポニン」と「大豆たんぱく」のおかげ。

サポニンは、石鹸の泡が油脂を溶かして水で洗い流すように、血液中のコレステロールや中性脂肪などの血液中の余分な脂質を洗い流してくれ、肥満予防によいといわれています。

出典:知って得する豆乳の力 | 日本豆乳協会

大豆たんぱくは体内での吸収・分解に時間がかかり満腹感を得やすいため、大豆たんぱくをたっぷり含んだ豆乳は、間食予防としてもダイエットの強い味方になってくれます。

出典:豆乳 DE 健康 | 日本豆乳協会

豆乳の「ターンオーバー促進効果」

豆乳に含まれる「イソフラボン」の美肌効果

「イソフラボン」が美人ホルモンとも言われる、エストロゲンと同様の働きをします。

大豆イソフラボンは肌の調子を整える「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い、若々しい肌をサポートしてくれます。肌の弾力を保つ「コラーゲン」を増やして、ハリを保つ働きがあるほか、細胞の新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促進するので保湿力もアップですよ!

出典:大豆イソフラボン|多く含む食品

アンチエイジング効果!豆乳の「レシチン」「サポニン」「ビタミン」

「レシチン」は代謝促進の効果があります。

「サポニン」は強力な抗酸化力をもつため、老化を防止し、シミやシワ、くすみなどに効果を発揮します。

さらに豆乳はビタミンも豊富。
美容ビタミンともいわれている「ビタミンE」も含まれ、身体の酸化を防止してくれます。

他にも、豆乳の「ビタミンB郡」は皮膚のターンオーバーを正常化する効果があります。

豆乳には、女性を美肌にしてくれるビタミンやレシチン、サポニンといった成分が含まれています。レシチンには、細胞の働きを正常に保ち新陳代謝を活発にさせて、肌の生まれ変わりのリズムを正常にする作用があります。サポニンには、肌が老化する原因となっている活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用があるので、若々しい細胞を保ち、紫外線や乾燥などのダメージからお肌を守ってくれて、シミやソバカスなどを予防する効果も期待できます。

出典:豆乳で美活部 | マイナビウーマン

豆乳の「便秘改善効果」

便秘改善効果!豆乳は食物繊維も豊富

大豆が原料である豆乳には、食物繊維も豊富に含まれています。

豆乳の原料は大豆ですから食物繊維が豊富に含まれています。およそ100mlの豆乳に0.2g含まれているとされます、これは食物繊維が豊富とされるゴボウよりも2倍の食物繊維が含まれているので、非常に多く含まれていると言えますね。

出典:豆乳は便秘解消に効果的!正しい飲み方!

便秘解消に効果のある「マグネシウム」と「オリゴ糖」も豊富な豆乳

マグネシウムを補うことで便秘解消させる薬も売られているほどですが、この「マグネシウム」が豆乳には豊富に含まれています。

また、大腸の中の善玉菌のエサになる「オリゴ糖」も多く含まれます。

マグネシウムは大腸内の水分を集める役割があり、便をやわらかくしてくれます。豆乳に含まれるマグネシウムは100mlで25mgも含まれています。3aマグネシアという便秘薬がありますが、マグネシウムによって便を柔らかくしますので、豆乳でマグネシウムを補えば便秘薬ははっきりいっていらないでしょう。

出典:豆乳は便秘解消に効果的!正しい飲み方!

原料である大豆には、天然のオリゴ糖が含まれています。このオリゴ糖は、人間の消化酵素では分解する事ができない成分です。そして、大腸の中の善玉菌のエサになります。善玉菌は、オリゴ糖をエサにすると、酢酸や乳酸を放出すると言われています。放出された酢酸や乳酸は、大腸を刺激し、大腸の働きを促進させます。このオリゴ糖こそが、便秘解消に効果を現すのです。

出典:豆乳飲んで便秘解消!天然オリゴ糖成分を摂取しよう|便秘解消チャンネル

豆乳の「血行改善効果」

温活効果!豆乳で冷え性も改善

冷えによる血行不良は美容にとって大敵です。豆乳は、血の巡りを良くする効果もあります!

豆乳に含まれる大豆たんぱくには、コレステロールの排泄を助け、血中コレステロールを低下させてくれますので、自然と血液がサラサラに。血流アップと血液がサラサラになれば、当然冷え性改善の効果も期待できるというわけなんです。

出典:豆乳で冷え性改善!

血行改善効果!豆乳には血流を促す成分が豊富

血清コレステロールを低下させる効果のある「大豆たんぱく」、代謝をよくする「メチオニン」、毛細血管の血流を促す「ビタミンE」「リノール酸」が豆乳には含まれています。

大豆(豆乳)は体を温める食べ物の一つでそのタンパク質やビタミンEが全身の血行を促進してくれます。
代謝を活発にする働きのあるメチオシンにも体温を上昇させる働きがあります。

出典:冷え性に豆乳

まだまだある!豆乳のうれしい効果

脳のアンチエイジング!豆乳の学習能力・集中力の向上効果

脳のはたらきにも効果を発揮する豆乳!

豆乳の主成分のひとつである大豆レシチンには“ホスファチジルセリン”が含まれています。これは脳の神経細胞の膜を形成する栄養素で、脳細胞に高濃度で存在しています。この「脳の栄養素」と呼ばれる“ホスファチジルセリン”は、体内では生成されにくいため、食品から摂取する必要があり、ホスファチジルセリンが含まれている豆乳を飲むことで、記憶維持、学習能力、集中力維持などが期待されています。

出典:豆乳 DE 健康 | 日本豆乳協会

アレルギーにも効果を発揮する「豆乳」

豆乳はアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果があると言われています。

豆乳はビタミンE・ビタミンB1・B2を含んでおり、この3つの栄養は肌をツヤツヤにして、皮膚の保護をする効果もあるため、アトピーに有効です。

出典:豆乳の効果と副作用!飲み方と量のおすすめとは | 自然の雑学

豆乳の効果的な飲み方とは?

豆乳は朝に飲むと効果的

豆乳を飲む時間帯は、朝がおすすめ。

朝の体温が一番低い状態で、基礎代謝を活発にする「大豆タンパク」を豊富に含む豆乳飲むのが、美容に効果的。

どうしても朝からしっかり食べられないという人には、一杯の豆乳を飲むことをお薦めします。豆乳にはタンパク質が豊富に含まれているので、毎朝の習慣にしてしまえば温活効果もバツグンです。できれば、冷やしたものよりも温めてスープ感覚で摂ると良いですよ。

出典:朝一杯の豆乳が決め手! 冷え知らずの体づくりに効果バツグンの朝食とは - Woman...

豆乳を温めて飲んで温活効果

体温が下がって血行が滞ると、栄養や酸素も行き渡らなくなり、老化が進んでしまいます。血液の流れをよくするためにも温かい豆乳を飲むのがおすすめ。

効果的な豆乳の飲み方はレンジなどで温めることです。レンジの方が鍋で煮るよりも手っ取り早くて便利です。レンジなどで豆乳を温めることにより、イソフラボンなどの栄養素が吸収しやすくなるからです。温めると栄養価が落ちるかもしれないと思われますが、豆乳は温めてもイソフラボンなどの栄養分は落ちません。

出典:豆乳の効果的な飲み方はレンジで温めるとよい | 美容や健康のはてな

豆乳は「毎日コップ1杯」が効果的

様々な美容効果の期待できる豆乳ですが、大量に摂り過ぎるとホルモンバランスを乱してしまう恐れも。

豆乳の栄養を効果的に摂取するには、「毎日飲むこと」と「コップ1杯程度にしておくこと」が重要です。

豆乳を摂取する量ですが、一日にコップ一杯程度で効果が望めると言われています。重要なのは“毎日”摂取すること。イソフラボンやビタミン類は体の中に長い間とどまらず、一度に大量摂取しても不要な分は体外へ排出されてしまいます。

出典:「豆乳」が持つ4つの優れた効果

豆乳は、1日に大量に飲んでも効果はありません。それどころか、ホルモンバランスが乱れたり、さまざまな病気への関与も指摘されていますので、毎日少しずつ適量を飲むように心掛けましょう。1日の適量は約200ml程度です。

出典:豆乳の効果的な飲み方とは

アンチエイジング効果のある「豆乳」を生活に取り入れよう!

豆乳の効果についてまとめました。

ダイエット効果から美容効果など、様々な効果が期待できる豆乳。

豆乳を毎日の生活に取り入れて、からだの内側からきれいを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング