第2のディーン?逆輸入のイケメン俳優・大谷亮平が気になる【ラヴソング/韓国】

福山雅治主演の月9ドラマ『ラブソング』に第5話から大谷亮平が出演すると話題になっています。この大谷亮平って一体誰なのでしょう?

第2のディーン?大谷亮平が日本進出!

月9ドラマ『ラヴソング』に大谷亮平出演!

韓国で活躍していた日本人俳優、逆輸入!

大谷亮平さんは実は韓国で活躍していた日本人俳優。もともとは日本でモデルデビューしたそうですが、CM出演をきっかけに韓国に渡り俳優として活動を始めました。

大谷亮平は主人公の昔の同僚であり、ヒロインの歌手デビューを指示する音楽プロデューサー役を演じる。今回のドラマをきっかけに、大谷亮平は日本での活動を本格的に行う予定だ。

出典:大谷亮平、月9「ラヴソング」出演が話題…韓国から逆輸入のイケメンに高ま...

月9ドラマ『ラヴソング』

福山雅治主演ドラマ『ラヴソング』

俳優・歌手として大人気の福山雅治さんが主演の月9ドラマ『ラヴソング』。帰国早々、話題の作品に5話以降大谷亮平さんが登場となります。

韓国から日本に進出してきたイケメン俳優、大谷亮平さんとは一体どんな人なのでしょう?

大谷亮平って?

韓国からの逆輸入俳優 大谷亮平

日本で生まれ育って韓国で有名俳優となり、活動10年を超えてようやく日本でも活動を始めた大谷亮平さん。韓国ではCMやドラマ・TV番組、映画などで活躍していました。

渋い雰囲気がにじみ出ている大谷亮平

生まれ育った日本ではなく国外でずっと活動していたせいか、雰囲気に重みがありますね!

第2のディーンとも評される大谷亮平

逆輸入俳優でイケメンで・・・共通点がありますね!

今年で韓国活動10年目になるという大谷亮平さん。CMから始まり、ドラマ俳優、そして映画俳優とどんどん大きく成長されてます。そしてついに2016年、故郷日本で初めてのドラマ出演決定です!

ところで大谷亮平さんはどうして韓国で活動をしていたのでしょう?

俳優・大谷亮平の軌跡

韓国に渡った大谷亮平

きっかけはダンキンドーナツCM出演

出典:pbs.twimg.com

きっかけはダンキンドーナツCM出演

モデルとして日本で活動を始めた大谷亮平さんですが、このCMが現地で人気となり、韓国を渡ることとなりました。

「日本でモデルを始めて間もないとき、2003年に韓国で『ダンキンドーナツ』のCMが決まりました。ありがたいことに評価が高く、次の仕事に続いたので、しばらく日本と韓国を行き来していたんですが、1年後くらいに韓国の事務所から言葉を覚えて本格的に活動してみないかと誘いを受けました」

出典:“第2のディーン”大谷亮平、目標は「大河ドラマを狙いたい」

なんとこの時点では韓国語が全くわからなかったそう!行動力と思い切りの良さに驚くばかりです。

韓国で俳優デビュー

大谷亮平、CM出演を経てついに俳優デビュー!

出典:pbs.twimg.com

大谷亮平、CM出演を経てついに俳優デビュー!

韓国に渡ったあとはCM出演などで認知度をさらに高め、2006年の韓国ドラマ『ソウルメイト』で俳優デビューを果たしました!

バラエティー番組『ルームメイト』でさらに有名に!

出典:pbs.twimg.com

バラエティー番組『ルームメイト』でさらに有名に!

人気芸能人が共同生活をする韓国の人気バラエティー番組『ルームメイト』。これに唯一日本人で大谷亮平さんが出演していました。まだ韓国語が拙かったためにドラマでも出演できる役柄が少なかったのですが、この番組のおかげで一気に知名度があがったようです!

韓国語が苦手な3人が、ジョンオクを先生に生徒として学ぶのだが、韓国語の、言い間違い。書き間違いが酷い。その間違いが、毎回大爆笑を生む。

他の場面では、他のメンバーがおバカをする中、「おい、亮平もやれよ!」と、巻き添えを食らう。結果的に、一緒になっておバカをするのだが、それが毎度のこととなり、「亮平!」と言われる前に、逃げ腰の大谷さんは、なんともお茶目。

そんなメンバーとの交流の中、いつの間にか、大谷亮平は、愛されキャラとなっていった。

出典:大谷亮平|ヘンテコな韓国語とお茶目な性格でルームメイトで人気 -えむえむNEWS

大ヒット韓国映画に次々出演!

大谷亮平・初映画出演作『神弓-KAMIYUMI-』

韓国で2011年の年間興行成績第1位を獲得したアクション映画『神弓-KAMIYUMI-』。大谷亮平さんは主人公の右腕・ノガミ役でスクリーンデビューとなりました!

大谷亮平が出演する映画『バトル・オーシャン 海上決戦』

上述の『神弓-KAMIYUMI-』よりもさらに大ヒットとなった『バトル・オーシャン 海上決戦』。歴代記録を次々と塗り替える大作となったわけですが、この作品にも大谷亮平さんがキャスティングされています。

映画『神弓-KAMIYUMI-』の重要な役どころで評価された大谷亮平は、『ヒーロー』『九家の書』『追跡者―THE CHASER』『朝鮮ガンマン』と立て続けにヒット作に出演。まだセリフが多い役ではないが、韓国語での演技に不安は見られない。

1700万人以上が観た映画『鳴梁』で重要なジュンサの役を演じたことで韓国トップスターとなる。

出典:大谷亮平 | 韓国ブログJIRO

ドラマとは違う顔の大谷亮平さん

出典:pbs.twimg.com

ドラマとは違う顔の大谷亮平さん

李舜臣を尊敬して朝鮮側に寝返った実在の日本人を演じた大谷亮平さん。凛々しい横顔に気迫が感じられます。

「チェ・ミンシク兄さんが『君に何かあると、すぐに駆けつける』と何度も話してくれました。ビザの問題があれば、すぐに話してほしいと、助けてあげたいと。チェ・ミンシク兄さんってそこまで力があるのか?とも思いましたが(笑) とても頼もしかったです。撮影中に日韓関係に関するニュースが報じられる度に『全然気にしなくていい。君はうちのメンバーだ。僕たちは君の味方だ』と勇気付けてくださいました。本当に感謝しました」

出典:「バトル・オーシャン/海上決戦」大谷亮平、心が揺らぐ度に力を与えてくれたチェ・ミンシ...

映画製作当時は日韓関係が悪化していましたが、人種ではなく、一人の俳優として周りの人々に支えられていた大谷亮平さん。彼の人柄の良さや才能があってこそのキーマン抜擢でした。

大谷亮平はブレイク間違いなし!

月9出演がブレイクの火種になりそうな大谷亮平

韓国で積み重ねてきた実力に男前な風貌。日本でも人気でそうですね!

今回のドラマ『ラブソング』をきっかけに本格的に大谷亮平さんは日本で活動されるそうです。韓流ドラマで大谷亮平さんのファンになった方も、この話題で大谷亮平さんを知った方も、上り調子の大谷亮平さんに期待しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング