世界各地を飛び回る動物写真家 前川貴行

日本国内はもちろん、自然の中に生きる動物の姿を写すためにアラスカやアフリカまで世界各地を飛び回る動物写真家の前川貴行さん。動物たちの生き生きとした、躍動感あふれる姿をとらえる前川貴行さんについてのまとめです。

前川貴行について

動物写真家 前川貴行

20代の時に写真家田中光常さんに師事し、30代に入ると本格的に写真家としての活動を開始した前川貴行さん。

前川貴行さんはクマに魅せられ、アラスカやカナダの極地を主フィールドに活動する動物写真家。作品に登場するホッキョクグマやハクトウワシ、イノシシなどは息をのむほどの美しさや愛らしさを見せ、尊い命の営みを感じさせます。

出典:前川貴行...

1969年東京生まれ。1997年 写真家、田中光常に師事。
2000年より写真家としての活動を開始。
日本、北米、アフリカ、インドネシア、インドなど、全世界をフィールドに撮影を敢行すると共に、
展覧会の開催、書籍出版にも精力的に取り組む。

出典:about | Takayuki MAEKAWA - 前川 貴行

前川貴行、サラリーマンから写真家へ

出典:cdn.mainichi.jp

前川貴行、サラリーマンから写真家へ

動物写真家の前川貴行さん、昔から写真が趣味だったのかと思いきや以外にもカメラを持ち始めたのは26歳、サラリーマンから写真家になったという経歴の持ち主です。

学びの場.com(以下、学びの場) 高校卒業後、サラリーマンを経て、動物写真の道に入ったそうですが、なぜ動物写真家に?

前川貴行(以下、前川) 動物が好きで写真も好きだったから、というシンプルな理由です。僕の場合、スタートが遅く、趣味でカメラを持ち始めたのは26歳のとき。

出典:前川貴行...

写真家 前川貴行の経歴

出典:cweb.canon.jp

写真家 前川貴行の経歴

写真家としての活動開始から8年で新人賞を受賞、その5年後には世界的に有名なナショナルジオグラフィックの写真賞でグランプリを受賞しています。

2008年 日本写真協会賞新人賞
2013年 第一回日経ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ

出典:about | Takayuki MAEKAWA - 前川 貴行

前川貴行の作品

前川貴行が写真家として最初に取り組んだクマ

出典:etutorend.com

前川貴行が写真家として最初に取り組んだクマ

自分で写真を撮り始めた前川貴行さんが最初に取り組んだというクマ。至近距離でとらえた写真からは緊張感が伝わってきます。

学びの場 前川さんの作品といえば、野生のクマやハクトウワシが印象的です。

前川 自分で作品を撮りはじめるにあたり、まずクマに取り組もうと思いました。単純に野生のクマに遭ってみたかったことが一つ、そしてはじめに強くて撮影の難しい動物と向き合っておけば、これから先、怖いものはないだろうと考えたからです。

出典:前川貴行...

2羽のハクトウワシ

動物園では見られない、野性味あふれる2羽のハクトウワシの姿。

なかなか見られないリスの姿

出典:www.happytrap.jp

なかなか見られないリスの姿

動物園や家庭で飼われている状況では木の上を可愛らしくちょこちょこというイメージのリスも、自然の中ではこんなにもアクティブ。

雪の上を転がるホッキョクグマ

自由気ままに雪の上を転がるホッキョクグマ。

躍動感あふれるオランウータン

木から木へと渡り移るオランウータンの姿も自然の森の中ならではの光景。

前川貴行の動物写真集

出典:www.grblog.jp

前川貴行の動物写真集

野生の動物の姿をとらえた写真集を数多く出している前川さん。

「極北の王者ホッキョクグマ」 2002年 「こおりのくにのシロクマ」 2003年 「Bear World クマたちの世界」 2007年「シロクマのねがい」 2007年 「いのしし」 2007年 「生きる命」 文・丸山健二 写真・前川貴行 2008年 「原寸大どうぶつ館」 2008年 「動物を撮る」 写真の学校 2009年 「WILD SOUL 極北の生命」 2010年 「Animal eyes」 2011年 「北の馬と南の馬」 2011年 「animalandscape」 2013年

出典:about | Takayuki MAEKAWA - 前川 貴行

前川貴行の最新作『クマと旅をする』

出典:capacamera.net

前川貴行の最新作『クマと旅をする』

2016年2月に出版された前川貴行さんの写真集最新作。前川さんが写真家になって最初に手掛けたというクマが再びテーマとなっています。

命と向き合う動物写真家・前川貴行。
人と動物は、同じ大地に立つ対等な一個と一個であるという前川の写真は、常に私たちに語りかけてくる。今回、自身のことばで野生動物との初めての出会い、写真家として動物と向き合う覚悟、さらに人と動物の生きる世界のありかたへの思いを語る。朴訥でありながら詩的なことばに、アーティスト・井上奈奈の絵が加わり、世界はさらに深く広がる。

出典:クマと旅をする (キーステージ21ソーシャルブックス) : 前川 貴行 : 本 :...

写真家前川貴行が写真にかける想い

前川貴行、写真家としてのこだわり

出典:www.wwf.or.jp

前川貴行、写真家としてのこだわり

写真の出来上がりだけでなく、写真を撮る段階からこだわりを持って撮影に取り組んでいる前川さん。だからこそ魅力的ある作品に仕上がるのでしょうね。

トリミングすれば済む話ですが、私としてはシャッターを切った段階で、意図した構図とピント精度を出したい。手を加えない撮影データを、作品として自信をもって提供したい。これはこだわりというより、写真家としての本能なのかもしれませんね。

出典:キヤノン:EOS-1D X SPECIAL SITE

写真を通じて前川貴行が伝えたいものとは?

「自分が伝えたいものは言葉にできないから、写真で語りきりたい」と語る前川さん。そんな前川さんの作品には、見る人への言葉以上のメッセージが込められているのではないでしょうか?

私は、単に「これがゴリラです」「これがインパラです」というような写真を撮ろうと思っているわけではありません。生命感というと一般的過ぎるのですが、現地で動物と対峙したときに感じる言葉にできないものを伝えたい。言葉にできないから、写真で語りきりたいのです。

出典:キヤノン:EOS-1D X SPECIAL SITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング