ユースケ・サンタマリアが9年ぶりにドラマ主演!代表作と気になる演技力は?

ユースケ・サンタマリアがドラマ「火の粉」で9年ぶりのドラマ主演をつとめることがわかりました。 ユースケ・サンタマリアの過去出演作や気になる演技力についてまとめました!

ユースケ・サンタマリアが9年ぶりのドラマ主演

4月放送のドラマ「火の粉」の主演が決まったユースケ・サンタマリア

俳優のユースケ・サンタマリア(44)が、4月2日スタートのフジテレビ系『火の粉』(毎週土曜 後11:40)で9年ぶりに連続ドラマの主演を務めることが15日、わかった。

出典:ユースケ・サンタマリアのニュース - ユースケ、9年ぶりドラマ主演...

ドラマの原作となったのは雫井脩介の小説

テーマは“あなたの隣に住む狂気”。
一家殺人事件の容疑者として死刑を求刑されながら、無罪放免となった男・武内真伍をユースケが演じます。

愛知県出身のミステリー作家・雫井脩介氏原作の小説「火の粉」を連続ドラマ化(番組タイトルは後日発表)。物語は、退官した裁判官とその家族が住む家の隣りに、過去に無罪判決を下した連続殺人事件の容疑者が引っ越してくるところから始まり、人間の狂気や本性、家族愛をスリリングな展開で描くサスペンスドラマとなっている。

出典:『新・土曜ドラマ枠』 - とれたてフジテレビ

ユースケ・サンタマリア、連続ドラマ主演は9年ぶり!

2007年のドラマ「今週、妻が浮気します」

このドラマで主演をつとめていたユースケ・サンタマリア。実に9年ぶりのドラマ主演です!

ユースケは「主役の感覚を完全に忘れてしまいました」ととぼけつつ、「せりふの量は膨大ですが…久々に燃えています。冷たい炎をたぎらせるイメージで演じます」とやる気十分。

出典:ユースケ、9年ぶりドラマ主演...

ユースケ・サンタマリアの出演作品まとめ

アルジャーノンに花束を(2002年)

「アルジャーノンに花束を」で主演を務めたユースケ・サンタマリア

2015年にも山下智久主演でドラマ化されましたが、その前の、2002年のものです。

先天性の知的障害を持つハル(ユースケ・サンタマリア)は、幼いころに預けられたパン屋で働きながら、夜間学校に通っている。そんなハルに知能回復手術を受ける機会がめぐってきたことで、彼を取り巻く周囲のすべてが激変することになるのだった…。

出典:Amazon.co.jp | アルジャーノンに花束を DVD-BOX...

カシラ@Moguradane

アルジャーノンに花束をなぁ…ユースケと菅野美穂のイメージが強いんだよなぁ… http://t.co/i60CTAt0cl

踊る大捜査線シリーズ(1997年~)

ユースケ・サンタマリアは「踊る大捜査線」で真下正義役を演じた

印象に残っている人も多いのではないでしょうか

スピンオフ作品「交渉人真下正義」では主演に

クリスマス・イブの日に、
東京の地下鉄の最新鋭実験車輌が
(通称クモ)が乗っ取られ、
乗降客200万人の命が危険にされされるハメに。
その犯人からの指名もあり、
警視庁初の交渉人・真下正義が奮闘する。

出典:サスペンス - ユーザーレビュー - 交渉人 真下正義 - 作品 - Yahoo!映画

UDON(2006年)

ユースケ・サンタマリア主演の映画「UDON」

「踊る大捜査線」の監督・プロデューサーが再びタッグを組んで制作されました。

成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サンタマリア)は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子(小西真奈美)が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地元の名産品である“うどん”の魅力に目覚め始める。

出典:解説・あらすじ - UDON - 作品 - Yahoo!映画

コミカルで面白い反面、考えさせられる一面もある作品です。

気になるユースケ・サンタマリアの演技力は?

久々のドラマ主演で気になるのはその演技力

ユースケ・サンタマリアの演技には定評があるよう

幅広く、自然体の演技が好評のようです。

バラエティの時のユースケ・サンタマリア

存在感は十分に感じるし、おチャラけたところや、落ち込んだとこや、
ちょっとカッコイイことを言うところなんかも、メリハリがあっていいと思います。

普段のバラエティの時のキャラは見事に消えていて、
不思議に華があるようにも感じます。

出典:ユースケサンタマリアがまた激やせ!キムタクのドラマでの演技は?

たて@51tate_t

ユースケ・サンタマリアさんって、演技の振り幅が広いなぁっていつも感じる。阿部サダヲさんも。

夏色@milk2anpan4

ユースケ・サンタマリアの演技好きやわぁ 冷めた悪役似合いすぎやろ

リメイク版の放送で演技力が話題に

意外なところで再評価されているユースケ・サンタマリアの演技

2015年のドラマ「アルジャーノンに花束を」の放送により、2002年版の主演だったユースケの演技が再評価されているようです。

2002年にフジテレビ系で放送されていた過去作と比べ「演技、作品共にユースケ・サンタマリア版の方がよかった」という声

出典:山下智久の「アルジャーノン」が酷評の嵐であの俳優が再評価!? | アサ芸プラス

めまい@mtakism1

アルジャーノンのなあ、ユースケ版はなあ、リアル感悲壮感満開でほんといいんだよ!!!!!ほんと泣ける

久々のユースケ・サンタマリアの演技に注目

ユースケ・サンタマリアの主演ドラマ、楽しみですね!

今度はどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング