音楽界に与えたデヴィッド・ボウイの影響と経歴を紹介

世界的ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイさんが1月10日に亡くなりました。今回は約半世紀に及ぶ音楽活動のなかで彼が残した功績を振り返りたいと思います。

1年半に及ぶ癌との闘病生活の末に死去

1/10に公式Facebookを通じて、デヴィッド・ボウイさんの死が発表される

1/8には69回目の誕生日をむかえ、さらにはニューアルバムをリリースしたばかりでした。

January 10 2016 - David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18 month battle with cancer. While many of you will share in this loss, we ask that you respect the family’s privacy during their time of grief.

出典:David Bowie

デヴィッド・ボウイさん最後の作品となった『Blackstar』

訃報の直後、iTunesのアルバムランキングで急上昇。1位にランクインしました。

世界的アーティストの訃報に衝撃が走る

多くのファンや芸能人がデヴィッド・ボウイさんの死に衝撃を受けています。

サンボマスター山口@yamaguchi_SBM

ずっとさ、新しいこと模索してくれたんだよな、オレたちロック好き音楽好きのためにさ。たんまいな。大学生の頃デビッドボウイの新作がめちゃめちゃ新しくダンサブルで、家にあるボウイのジャケットは最強にドギツくセクシーだった。ご冥福をお祈りいたします。夢をありがとう。ほんっとにありがとう。

人気バンド、サンボマスターの山口隆さん。

ヨーコさんは11日夜にフェイスブックを更新し、ボウイさんの死は、息子でミュージシャンのショーン・レノンにとってはジョンともう一人の“父”を失ってしまったことだと悲しんだが、「でも、私たちには永遠に残る甘い思い出があります」と前を向いた。

出典:オノ・ヨーコさん「ショーンのもう一人の父失った」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

ジョン・レノンさんの妻だったオノ・ヨーコさん。デヴィッド・ボウイさんとの交流が深かったようです。

20世紀で最も影響力のあるアーティスト

多くのミュージシャンに影響を与えたデヴィッド・ボウイ

イギリスの音楽雑誌『NME』がミュージシャンを対象に行ったアンケートで、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれています。

様々なアーティストがデヴィッド・ボウイからの影響を公言しています。

YOSHIKI

X JAPANのメンバーと知られるTOSHIKIさんは、ラジオ番組の企画でデヴィッド・ボウイにインタビューをしたことがあるようです。

吉井和哉

タレントの眞鍋かをりの夫で、バンド「THE YELLOW MONKEY」のメンバーである吉井和哉は、「オレの運命の10曲」の一つにデヴィッド・ボウイさんの「火星の生活」を挙げています。

4:10 David Bowie – Life On Mars? [OFFICIAL VIDEO]

David Bowie – Life On Mars? [OFFICIAL VIDEO]

デヴィッド・ボウイさんの経歴

デヴィッド・ボウイといえば、異なるジャンルの音楽で長年にわたり活躍をし続けた、数少ないアーティストの一人と言われています。芸術と商業の両面で成功した方と言えるでしょう。

出典:デヴィッド・ボウイ(David Bowie...

グラムロックの旗手として、70年代にブームを巻き起こしたデヴィッド・ボウイ

グラムロックは派手なメイクとキャッチーな音楽性が特徴のジャンルです。デヴィッド・ボウイさんはその代表格として、地位を確立していきました。

ドイツの音楽シーンから影響を受け、作品に活かす

ベルリンに移住していた70年代後半に作られた3作品からは、デヴィッド・ボウイさんがクラフトワークなどから影響を受けたことが窺えます。

80年代にはディスコミュージックを前面に押し出して大ヒット

14thアルバム『Let's Dance』はキャリア最大のヒットを記録します。ナイル・ロジャース氏をプロデューサーに起用した今作はダンサンブルな楽曲が特長です。

亡くなる直前まで音楽制作は続けたデヴィッド・ボウイ

2004年以降、音楽でなくアート作品や執筆に力を注いだ時期もありましたが、2013年には27thアルバム『The Next Day』をリリース。死の直前にも新作『Blackstar』発表し、最期まで音楽活動は続きました。

田中宗一郎@soichiro_tanaka

言葉を失いそうだからこそ敢えて書く。安易な賞賛を拒むかのような摩訶不思議で、とらえどころのない圧倒的な実験作『★』を残しての永眠。最後までアートとは疑問を呈することというテーゼを貫き通した。アーティストという言葉は彼のためにある。 https://t.co/AytrSvRLXF

音楽評論家の田中宗一郎さんはデヴィッド・ボウイさんの死を悼むとともに、最新作の感想を述べています。

音楽だけでなく、俳優としても活躍したデヴィッド・ボウイ

大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』では英国軍人役で出演。

今だからこそデヴィッド・ボウイ作品を聞いてみよう

4:08 David Bowie - Let's Dance

David Bowie - Let's Dance

アルバムを1枚聞いただけでは理解しきれないほどの幅広い音楽性が、デヴィッド・ボウイ作品の魅力です。
半世紀にわたって活躍されてきたデヴィッド・ボウイさんですが、その功績や作品を深く知らない人が多いことも事実。
彼が亡くなった今だからこそ、作品に興味を持ってみてはいかがでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング