【水木しげるに手塚治虫が嫉妬!】漫画の神様の「妖怪戦争」

2015年11月30日逝去した水木しげる。彼の後世に与えた影響は計り知れません。しかし、『ゲゲゲの鬼太郎』がヒットした当時、彼に食ってかかった人物がいました。それは漫画の神様・手塚治虫です。二人の関係性とはどういったものなのでしょうか。

水木しげる

2015年11月30日、逝去した水木しげる

享年93歳

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年[1]3月8日 - 2015年11月30日[2])は、日本の漫画家。文化功労者、傷痍軍人。本名は武良 茂(むら しげる)

出典:水木しげる - Wikipedia

今も愛される多くの妖怪を生み出した

水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』

1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、絵物語、ドラマ、ゲーム、ミュージカルなど、半世紀以上に渡り様々な関連作品が作られている。

出典:ゲゲゲの鬼太郎 - Wikipedia

水木しげるの描く海坊主

水木しげるの描く小豆あらい

日本人にとっての妖怪のイメージとして、強烈なインパクトを残しました。

後世に残る、圧倒的な「妖怪のイメージ」

妖怪ものヒット作のひとつ『地獄先生ぬ~べ~』

『地獄先生ぬ〜べ〜』(じごくせんせいぬーべー)は、原作:真倉翔・作画:岡野剛による漫画作品、およびそれを原作とした各種作品群である。略称は「ぬ〜べ〜」。

出典:地獄先生ぬ〜べ〜 - Wikipedia

高橋留美子による妖怪もの『犬夜叉』

『犬夜叉』(いぬやしゃ)は、高橋留美子による少年漫画、それを原作としたテレビアニメ。1996年から2008年まで、小学館『週刊少年サンデー』にて連載された。

出典:犬夜叉 - Wikipedia

犬夜叉に登場する妖怪「悟心鬼」

出典:pbs.twimg.com

犬夜叉に登場する妖怪「悟心鬼」

それでも・・・

なお強い水木しげるの妖怪イメージ

画像は一反木綿
鬼太郎をリアルタイムで呼んでいない世代にも、水木しげるの妖怪のイメージは強いです。

漫画の神様が、水木しげるの妖怪に対抗?

水木しげるにライバル心を燃やした手塚治虫

『鉄腕アトム』や『ブラックジャック』など、生み出した名作は数えればキリがありません。

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。
戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。

出典:手塚治虫 - Wikipedia

水木しげるに対抗して作られたという、手塚治虫『どろろ』

1967年8月27日号より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載

手塚は、水木しげるが作らないような妖怪を目指した

『どろろ』に登場する妖怪「万代」

水木しげるに嫉妬して描いた作品であるから、もちろん水木しげるのデザインなんかに影響されるなんて死んでも避けるのが手塚治虫である。あくまでオリジナルな妖怪を出し続けた。

出典:『妖怪ウォッチ』は水木しげるを殺したか?

水木しげると手塚治虫は不仲?

水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』に嫉妬した手塚治虫

手塚治虫は、水木の『墓場鬼太郎』を初めて見たとき衝撃を受けて自宅の階段から転げ落ちたといいます。その後、水木を擁する『ガロ』に対抗して、1966年に『COM』を創刊します。

出典:マイルスと手塚治虫の相似性3 困るぐらいの嫉妬深さ〜手塚編〜: 歴史放談

そしてなんと・・・

手塚はある出版社パーティーの席で全く面識のなかった水木に話しかけ、「あなたの絵は雑で汚いだけだ」「あなたの漫画くらいのことは僕はいつでも描けるんですよ」と言い放ったといわれています。

出典:マイルスと手塚治虫の相似性3 困るぐらいの嫉妬深さ〜手塚編〜: 歴史放談

手塚治虫からの批判に水木しげるも反撃

水木は雑誌のインタビューで手塚のことを直接名指ししたわけではないが、「水木サン(水木の一人称)はいつでも自分がオモチロイと思ったものだけを描くんです。誰かにウケるものを描こうなんて考えたこともない。そんなことを考えて描く人は三流ですよ」と語っている

出典:手塚治虫 - Wikipedia

それだけボロクソに言い合いながらも・・・

水木しげるは手塚治虫との不仲を否定

水木と手塚が本当に仲が悪かったと言うわけではなく、息子の映画に二人仲良く出演したり一緒にテレビ出演するなど交流があった。水木と手塚はプライベートで地方へ仲良く温泉旅行に行ったこともある。

出典:手塚治虫

ともに黄金時代を築いたライバル!

水木しげると手塚治虫らが写る『少年マガジン』の表紙

出典:pbs.twimg.com

水木しげると手塚治虫らが写る『少年マガジン』の表紙

週刊少年マガジン1969年3月30日号
最前列の3人は、水木しげる、手塚治虫、横山光輝

私が四十を過ぎてようやく売れ出したころ、手塚さんはすでに、押しも押されもせぬ漫画界の重鎮で、スーパースターだった。だから、そのころの手塚さんは売り出したばかりの中年漫画家のことなんかあまり意識していなかっただろう。だが、私は「ライバルだ」と思ってやってきた。若いときから漫画界に君臨してきた彼に対して、屈折した思いもあった。

出典:水木しげると手塚治虫: 漫棚通信ブログ版

水木しげるにとっても、手塚治虫は超えたい壁だったんですね。

天才2人のバトルをリアルタイムで見ることができなかったのが残念ですね。
あの世でも2人は熱く漫画論議を交わしているかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング