第40回報知映画賞(2015)の受賞者・作品まとめ!樹木希林・本木雅弘が親子同時受賞!?

日本アカデミー賞と並ぶ歴史を持つ報知映画賞の受賞作品・受賞者が決まりました。今回で40回を迎えた報知映画賞ですが、どんな作品や役者が受賞しているのでしょうか。

実は日本アカデミー賞より歴史が長い!報知映画賞って?

報知映画賞はスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として、1976年に誕生しました。
(中略)
ブルーリボン賞をはじめさまざまな映画賞、また作品や俳優を表彰する 映画祭が年末から年明けにかけて日本各地で開催されています。報知映画賞は、その先陣を切って発表されるため、 その年の受賞者・受賞作品を占う意味でも大きな注目を集めています。

出典:【スポーツ報知・報知映画賞とは】

第40回 報知映画賞 ノミネート一覧

第40回 報知映画賞ノミネート一覧

出典:pbs.twimg.com

第40回 報知映画賞ノミネート一覧

ノミネートされている作品や、俳優・女優が気になったら、これを機に映画を観るのもよいかもしれませんね。

話題の映画や、豪華女優・俳優・監督陣が名を連ねる中、史上初の出来事が・・・!

史上初!樹木希林と本木雅弘が親子同時受賞!

主演女優賞を受賞した樹木希林

がんができやすい体質を指す「全身がん」であることを告白し、「あん」が遺作かもしれないとPRしたことに触れ、「しぬしぬ詐欺になってしまった(笑)」とコメントしました。

樹木希林主演作「あん」

ドリアン助川氏の小説が原作。

樹木希林演じる元ハンセン病の老女の存在感が圧巻だとのこと。

助演男優賞を受賞した本木雅弘

40代最後の作品だったため、40代最後のご褒美だと喜んでいるそう。

樹木希林との同時受賞については、「いい意味で距離のある関係ですから気恥ずかしさもありますね」と照れくさそうにコメントしました。

「日本のいちばん長い日」

太平洋戦争での日本の無条件降伏までを、歴史の裏側から描いていく群像ドラマ。

昭和天皇や阿南惟幾陸相をはじめとする実在の人物を、実力派の俳優たちが力強く演じています。

妻と子供の親子同時受賞に驚く内田裕也

「マジかよ!?」と声をあげて喜んだそうです。

主演女優賞は「あん」の樹木希林(72)が、助演男優賞には「日本のいちばん長い日」での昭和天皇の演技などが評価された本木雅弘(49)と、史上初の親子同時受賞が実現した。
(中略)
自身も86年に「コミック雑誌なんかいらない!」で作品賞と主演男優賞を受賞している。「俺が家族の中で一番最初に報知映画賞を2つ取ったんだよ。ひそかな俺の自慢だったんだけどな。でも、いい話だな。なかなか気分いいですよ。ロックンロールだ」と祝福。

出典:【報知映画賞】内田裕也「まじかよ!」樹木希林&本木雅弘、“親子受賞&rd...

第40回 報知映画賞 作品賞(邦画)

「ソロモンの偽証」

小説原作のミステリー作品。

「全編・事件」「後篇・裁判」の二部作放映なので、決して短くはないですが、見ごたえのある作品なんだそうです。

時間があるときに腰を据えて観てみたいですね。

オビで高らかにうたわれているような「意外な結末」ではなかったように思います。
ただ、これが「意外」ではないような世界で生きているというのは、けっこう怖いことですよね。
自分がよりよく生きようとしているだけなのに、誰かを傷つけてしまうとしたら、それは「罪」なのだろうか?
人は、そこまでして誰かを助けなければならないのだろうか?

いまの中学生、高校生にも、ぜひ読んでみていただきたい作品です。
「生きることの理不尽」は、今も昔も変わらないはずなので。

出典:ソロモンの偽証

第40回 報知映画賞 作品賞(海外)

「おみおくりの作法」

身寄りのない死者の葬儀を執り行っている主人公が、死者に敬意を持って接し、亡くなった人々の身内を捜すなど力を尽くす姿を描いた作品。

英国版の「おくりびと」といった感じでしょうか。

こんなにも美しく、残酷で、慈愛に満ちた映画を観たのは初めてかもしれません。

英国版「おくりびと」を鑑賞すると言った気軽さでレンタルした本作品ですが、ラスト30秒は押し寄せる感動に涙が溢れ出できて止まらず、TV画面がよく見えないほどの衝撃を受けました。

常日頃から、自らの魂を高めてくれる映画との出会いを模索している貴方に、自信を持ってお薦めできる作品です!

出典:ラスト30秒、魂を鷲掴みにされる映画! - ユーザーレビュー - おみおくりの作法...

第40回 報知映画賞 監督賞

堤幸彦監督

異なる作風の「天空の蜂」や「イニシエーション・ラブ」を撮り分けた堤幸彦監督が監督賞を受賞。

主要な映画賞での受賞は初めてなんだそうです。

早稲田大学の講演会が始まる5分前に受賞の話を聞いて、講演会ではうまく話すことができなかったんだとか。

「天空の蜂」

日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でヘリをホバリングさせるテロ事件を描く問題(?)作。

東日本大震災を経験した日本だからこそのテーマなのでしょう。

「イニシエーション・ラブ」

乾くるみの小説原作のラブストーリー。

ラスト5分でラブストーリーからミステリーに変わるといわれるほどのどんでん返しがあるそうです。

第40回 報知映画賞 主演男優賞

佐藤浩市の父、三國連太郎

「釣りバカ日誌」「利休」で主演男優賞の受賞歴がある三國連太郎氏。

父子そろって報知映画賞を受賞したことになりました。

「起終着駅 ターミナル」

直木賞作家、桜木紫乃氏の小説原作の作品。

主演男優賞の経緯として、「料理をする背中ににじみ出る哀愁と色気。断念した人生を生きる男の心情が、北海道の自然と溶け合って、胸に染み入る余韻を残す」との評価を受けています。

「愛を積むひと」

エドワード・ムーニー・Jr.の小説原作のヒューマンドラマです。

第40回 報知映画賞 助演女優賞

「ビリギャル」

流行語大賞にもなるかもしれない「ビリギャル」

”学年ビリのギャルが1年で偏差値を40挙げて慶応大学に現役合格した話”です。

「脳内ポイズンベリー」

水城せとなの人気マンガ原作。

7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げる異色のコメディです。

第40回 報知映画賞 新人賞

「海街diary」

吉田秋生のマンガが原作の作品。

広瀬すずからすると「(自分が演じた役は)スポーツが大好きで、末っ子でショートヘア。知れば知るほど、そっくり」で、こんな作品にあうことはもうないかもしれないとのこと。

「バケモノの子」

報知映画賞作品賞でノミネートされていた「バケモノの子」でも、楓役として声をあてていましたね。

第40回 報知映画賞 特別賞

「幕が上がる」

劇作家の平田オリザが手掛けた小説を元にした青春ドラマストーリー。

主演「ももいろクローバーZ」ということで、弱小高校演劇部の部員をももクロメンバー全員が演じています。

グループでの受賞は初! 報知映画賞の歴史を変えたももクロ

報知映画賞初のグループ受賞を果たしたももクロ。

実は、ノミネートの時点では、百田夏菜子一名だけだったんですよね。

どの作品も面白そうですね。
これを機に、気になった映画を観てみるとよいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング