オネエGENKING、デビューまでの軌跡。その裏に隠された同性愛の葛藤とは?

人気オネエタレント・GENKINGが鳥取市公式フォトガイドブック発表会に出席。今年3月にテレビ初出演を果たしながらも、年末まで鳥取には観光に行けないほどの忙しさだとか。一方、彼はオネエキャラの決意に大きな葛藤があったそう。彼が葛藤し続けた同性愛ならではの悩みとは?

GENKING、鳥取市公式フォトガイドブック発表会に出席

写真投稿サイト「インスタグラム」で人気が高いGENKING。写真集の発表会ということで抜擢!

鳥取に訪れたことがないGENKINGは、年末まで仕事がびっしり。鳥取に行けないそうです...

鳥取観光の時間が取れない程のGENKINGの人気はいつから?

GENKING(本名 田中元輝(たなかげんき))

日本の男性タレント。2015年3月1日放送回のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』に出演した際に、同性愛者であることをカミングアウト。

出典:GENKING

新たに出てきたオネエキャラ・GENKING

ただし彼自身はオネエという言葉を嫌悪。生物学的には男性ですが、その美しい美貌は女性らしく、男女両方の内面を持つことから”ニュージェンダー”と言われています!

GENKINGがデビューするまで

暇を持て余し始めたInstagramで注目されるようになったGENKING

GENKINGは友人に紹介された雑誌の編集長の依頼にて、3号連続で特集が組まれました。

この雑誌特集がきっかけで、GENKINGは2014年12月にベンヌに所属したのです。

GENKINGの「オネエ」告白は鮮烈でした!

2015年3月1日放送の「行列のできる法律相談所」でテレビ初出演

自分がいわゆる"オネエキャラ"であることを、家族を含む世の中に初めてカミングアウト

彼はカミングアウトを行った番組の収録日を「人生で一番勇気が必要だった日」と述べた。

出典:GENKING

実は男女どちらとも交際経験が豊富なGENKING

GENKINGは中学時代10人の男女と交際していました。

男女どちらもいけてたんですね!

鈴木亜弥(すずきあや)というモデルと付き合っていたという噂や

しかし、同性愛であることに強い葛藤を抱いていたGENKING

「行列のできる法律相談所」でのカミングアウトは恐怖だったと語るGENKING

「好きでこうなった訳じゃないのにって... 本当は、こんな風になりたくなかった...」

「誰だって生きていけば、恋をするでしょ? 好きな対象が人と違ってただけ。」

「何度も言うけど望んでこうなったんじゃない! どーにもならないし、そんな簡単な問題じゃないでしょ?」

10代から本当に悩んで苦しんでひねくれて、素直になんかなれなかった。

地元に居ると、息が詰まるから中学生の時から、地元愛知から東京に毎週遊びに行ったり、新しい居場所を見つけるのに必死だった。

恋が始まっても、普通の人以上に困難があるし、結末はいつも悲しくて切なかった。

出典:3月1日

それでも最後には前を向けるようになったGENKINGは同性愛者にメッセージ

みんなは、普通の人の倍、苦しんで悩み抜いて生きて来たんだから強いし、人に優しく出来るはず‼︎自分の事は自分が一番可愛がらなきゃ!BLOGを読んでくれてありがとう。そして、ごめんね。

世の中本当に色んな人がいるし、性格は人それぞれ‼︎性別も千差万別だと思いまーす。みんなひとりじゃないよ!!!

出典:3月1日

苦しみに葛藤しながらも自身の道を見つけて突き進んだGENKING
人とは違う悩みを持つ全ての人に勇気を-彼の活躍がこれからも楽しみです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング