錦織圭の世界ランキング上昇の軌跡【日本人初快挙】

現在日本人テニス選手で最も有名な錦織圭選手。本記事では錦織圭選手の世界ランキングの軌跡を辿っていきます!

テニス選手 錦織圭

プロテニス選手 錦織圭

身長180cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
男女通じて日本人初、男子アジア出身選手初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリスト

5歳からテニスを始め、松江市内の「グリーンテニススクール」に通い始める。2001年に全国選抜ジュニアテニス選手権大会(12歳以下の部)、全国小学生テニス選手権大会、全日本ジュニアテニス選手権大会(12歳以下の部)の3大会で優勝。錦織の活躍はテニス関係者の目に留まり、松岡修造が開催する強化合宿「修造チャレンジ」に参加

出典:錦織圭 - Wikipedia

2007年にプロに転向し、翌年2008年にアメリカ・フロリダ州デルレイビーチでのデルレイビーチ国際テニス選手権にて初優勝を達成しました!

初優勝をきっかけに世界から注目を浴び始める錦織圭

その後は、男子国別対抗戦デビスカップの日本代表に選出、北京オリンピックに初出場するなど、着実に経験を積み重ねていきました!

全米オープンでベスト16に入る錦織圭

2008年に開催された全米オープンでの出来事です。世界でも対等に戦えるようになっていきますね。

4大メジャー大会の1つ全米オープンの男子シングルスで4回戦進出を果たしました! 日本人では1932年以来の快挙でした!

2011年には自己最高の世界ランキング47位に入る錦織圭

世界ランキングを駆け上がる錦織圭

2009年は怪我、20110年は怪我の影響で大きな活躍が出来ませんでした。しかし、2011年には一気に世界ランキングを駆け上がります。

2011年の大会では世界ランク11位のマーディ・フィッシュ、世界ランク8位のジョー=ウィルフリード・ツォンガに勝利するなど、格上の相手にも臆することなく挑む姿勢が目立つようになりました!

スイス・バーゼルで行われたスイス・インドアでは、1回戦で世界ランク7位のトマーシュ・ベルディハを、 3-6, 6-3, 6-2 の逆転で下し、先の上海マスターズに続き世界トップ10選手に再び勝利。さらに準決勝では同1位のノバク・ジョコビッチを 2-6, 7-6(4), 6-0 で破る大金星を挙げ、ATPツアー3度目となる決勝進出。日本の男子選手がシングルスで世界ランキング1位の選手に勝利したのは史上初である

出典:錦織圭 - Wikipedia

2011年の終わりごろには世界ランキング30位に上がりました!

進化が加速する2012年の錦織圭

2012年に行われた4大メジャー大会の1つである全豪オープンでベスト8を達成しました。全豪で日本男子がベスト8入りしたのは、佐藤次郎、布井良助以来80年ぶり、4大大会での日本男子のベスト8入りは、1995年のウィンブルドン選手権の松岡修造のベスト8以来17年ぶりだそうです!

2013年に世界ランキング13位 錦織圭

2013年に行われた全米国際インドアテニス選手権で優勝し、マドリード・マスターズではテニス界のレジェンドであり、前年度チャンピオンであるロジャー・フェデラー相手に大金星を挙げました!

2014年は世界ランキング5位 錦織圭

2014年は錦織圭の年!

2014年は数々の大会で輝かしい結果を残し、世界ランキング5位になります!

全米オープンだけではなくテニスの4大大会(グランドスラム)で、日本人として、またアジア出身の男子プレーヤーとしても初めての決勝進出を果たしたが準優勝に終わった。

出典:錦織、初優勝逃す—全米オープン

男子テニスのマレーシア・オープンは28日、クアラルンプールで行われ、シングルス決勝は第1シードの世界ランキング8位、錦織圭(日清食品)が第4シードで同28位のジュリアン・ベネトー(フランス)を7―6、6―4で破り優勝した。

出典:錦織、今季3勝目 マレーシアOPテニス

2015年、世界ランキング4位になる錦織圭

世界ランキング1位を期待してしまう!

これまで数々の快挙を実現してきた錦織圭選手。この先は日本人にとっては未知の領域ですが、世界ランキング1位を期待しましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング