志尊淳・芳根京子主演の映画『先輩と彼女』のキャストまとめ!

志尊淳と芳根京子が主演する映画『先輩と彼女』のキャストをまとめました。志尊淳や芳根京子が語った撮影のエピソードや人間像などのインタビュー内容も!

志尊淳&芳根京子主演:実写映画「先輩と彼女」

女子高生の先輩への淡い恋心を描き、全2巻で100万部という人気を博した南波あつこの同名コミックを映画化。「表参道高校合唱部!」の芳根京子が他の女性に恋している先輩を好きになる主人公・りかを、憧れの先輩・圭吾を「烈車戦隊トッキュウジャー」の志尊淳が演じる。監督は『東南角部屋二階の女』の池田千尋。

出典:先輩と彼女 | Movie Walker

原作コミック「先輩と彼女」とは。

講談社“別冊フレンド”で連載された作品「先輩と彼女」

南波あつこ氏の『先輩と彼女』は、全2巻と短い作品ながらも、100万部を超える人気少女マンガ。“甘い恋”という野望を抱き、高校に入学した都築りかが、他の女子に恋をしている美野原圭吾(みの先輩)に恋をする、どんなにどんなに想っても届かない、甘くて苦い青春の恋物語となっている。

出典:「オタ女との交際」について議論する世の男性 オタ男が語る「現実」 - ライブドアニュース

出演キャスト

志尊淳

先輩を想っていながらも年下の子にも好かれて気持ちが揺らぐところにはすごく共感できて、キラキラとした少女マンガの世界のなかで、揺れる等身大の男子高校生の姿が表現されているのがすごくおもしろいと思いました。でも2人の女の子の間で揺れるのって、やっぱり肯定できることではありませんし、周りからも決して良いことだと思われないので、美野原は隠すわけですが、そういう人間臭い部分に共感できるなと思いました。

出典:『先輩と彼女』志尊淳さんインタビュー

インタビューで志尊淳が答えた、演じた本人が描く主人公像。

“壁ドン”、“頭ポンポン”、“顎クイ”を自然な仕草で演じたという志尊淳。

この映画を観る人には「次に壁ドン来るんじゃない?」とか思われないように自然な流れでできたら良いなって思いました。

出典:『先輩と彼女』志尊淳さんインタビュー

ちなみに、“顎クイ”は原作コミックには存在しない演出なのだとか。これは必見ですね。

芳根京子

芳根は「ドラマでは同い年の設定だったので今は普通にお話しさせていただいてますが、(「先輩と彼女」の撮影)当時はずっと敬語を使ってたんです。“先輩感”がすごく強く私の中であって、しばらく抜けなかったですね」と、役にのめり込んでいたことを伺わせた。

出典:映画「先輩と彼女」志尊淳の窓ドンに芳根京子「日常生活でやってると思う」

志尊淳と芳根京子はTBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』での主演コンビ。

前作では同級生という関係性の役柄。人間関係で少し悩んだそうです。

芳根は「ドラマでは同級生の役なので、今は普通にお話できるんですけど、映画の撮影当時はずっと敬語でした。ドラマの撮影が始まった最初の頃も敬語で、先輩感が強くて、しばらく抜けなかった」と語ると、志尊も「(映画撮影時は)普段から“先輩”っていう感じで来てくれたので、役には入りやすかったです」とコメント。また撮影当初は距離があり、監督から2人でオセロやってみてと言われると、「会って間もなかったから、ずっと無言でオセロやるっていう状況になってしまって……」(志尊)と撮影当初のエピソードを明かした。

出典:映画『先輩と彼女』完成披露上映会。芳根京子、志尊淳の壁ドンに爆笑!?(デビュー) -...

小島梨里杏

小島梨里杏は、志尊淳演じる美野原圭吾が想いを寄せる相手という役柄。容姿端麗、頭脳明晰な完璧な女性の役。作品の醍醐味である三角関係の一角ですね。

小島梨里杏も、『表参道高校合唱部!』に出演し主演2人と共演していました。

水谷果穂

作中ではヒロインである都筑りかの親友・桃谷木綿子を演じます。

戸塚純貴

主人公の友人で、ヒロインの親友に好意をもっている高校三年生の役。ムードメーカーな役回りですね。

期待の集まる実写版『先輩と彼女』。実写映画ブームに乗り切れるのか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング