下町ロケットの初回視聴率は16.1%の好発進!【池井戸潤ドラマの人気の秘密とは!?】

日曜劇場『下町ロケット』が視聴率16.1%の好発進をみせました! 毎回高視聴率をたたき出す池井戸潤原作のドラマ。 そんな池井戸潤ドラマの人気の秘密はどこにあるのか!? 下町ロケットの話から池井戸潤ドラマの人気の秘密までまとめました!

初回視聴率がかなり高かった『下町ロケット』

日曜劇場枠で放送されている『下町ロケット』が高視聴率発進したことが話題に!

日曜劇場『下町ロケット』

阿部寛さんが主演のドラマです!

高視聴率スタートを切った池井戸潤ドラマ『下町ロケット』

俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)が18日に2時間スペシャルでスタートし、初回の平均視聴率は16・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。15%を超える好スタートを切った。

出典:阿部寛主演「下町ロケット」初回視聴率は16・1%の好発進(スポニチアネックス) -...

結構な人気がありますね!

そんな池井戸潤原作『下町ロケット』ってどんなドラマ?

阿部寛主演の池井戸潤ドラマ『下町ロケット』

ロケット開発の夢を追う人間を描いたドラマです。

精密機械製造業の中小企業・佃製作所の社長・佃航平は、主要取引先の京浜マシナリーから、突然、取引終了の通知を受ける。資金繰りに困りメインバンクの白水銀行に3億円の融資を申し込むが渋られる。追い打ちをかけるように、今度はライバル会社のナカシマ工業から特許侵害で訴えられて、白水銀行からは融資を断わられてしまう。法廷戦略の得意なナカシマ工業が相手では、たとえ勝訴は濃厚でも裁判の長期化だけで資金不足による倒産は避けられそうもない。

出典:下町ロケット - Wikipedia

精密機械製造の企業の社長の奮闘を描いた池井戸潤ドラマ『下町ロケット』

自身の経営する企業と、ロケットに対する情熱との間に葛藤し奮闘する様子を描いた池井戸潤のドラマ『下町ロケット』。

そんな時、大企業の帝国重工宇宙航空部長・財前の訪問を受け、佃製作所が持っている特許を20億円で譲ってくれと持ちかけられる。帝国重工は巨額の資金を投じて新型水素エンジンを開発したが、特許は佃製作所に先を越されていたのだ。航平は元妻・沙耶との会話で、特許譲渡や使用許可ではなく、帝国重工が飛ばすロケットに佃製作所で作った部品を搭載する道もあると思い当たる。しかし、それでは特許使用料が入らないどころか、リスクが高過ぎると、特に若手社員の反応は最悪で、特許使用許可か部品搭載の夢か、航平は思い悩む。

出典:下町ロケット - Wikipedia

池井戸潤のドラマは毎回高視聴率がとれると言われています。

過去の池井戸潤のドラマを振り返りながら人気の秘密についてまとめました!

過去の池井戸潤作品まとめ!

【池井戸潤ドラマ①】半沢直樹

池井戸潤原作ドラマの人気の火付け役となったともいえる『半沢直樹』。
堺雅人さん主演で、かなりの演技力が話題にもなった作品。

【池井戸潤ドラマ②】花咲舞が黙ってない

銀行を舞台に不正をただす事を目的とした杏さん演じる主人公の奮闘ぶりを描いたドラマ。

【池井戸潤ドラマ③】ルーズヴェルトゲーム

唐沢寿明主演のドラマ。
自身の企業を守るために奮闘する社長の様子と、他企業とのやり合いが面白いと言われたドラマですね。

【池井戸潤ドラマ④】民王

総理大臣の父親と天然な馬鹿息子が入れ替わって日本の国政が変わっていく、という痛快なストーリーのドラマ。

これら全てがかなり良い視聴率をとれていたのです。

この人気の秘密はどこに有るのでしょうか。

【必見!】池井戸潤ドラマの人気の秘密とは!?

人気の秘密①:ドラマに別の池井戸ドラマの企業が登場する!

【過去作品とのコラボ①】『民王』に出てくる『東京第一銀行』

『花咲舞が黙ってない』の【東京第一銀行】が出てくる事が話題になっていました!

タマミキ@mksm822

すっごい今更だけど花咲舞の東京第一銀行が民王にもちょいちょい出てきてて感心した他局なのにね

夢梨@ymns_

民王、総理の息子が東京第一銀行の面接に行ってるwwww相馬さんと舞ちゃんが働いてるとこwwwwww

視聴者の中でかなり話題になっています!

【過去作品とのコラボ②】『下町ロケット』に登場する『白水銀行』

【白水銀行】は『半沢直樹』『ルーズヴェルトゲーム』『花咲舞が黙ってない』にでてくる銀行であるため、視聴者は注目していました!

みゅう@myu_ya

下町ロケットにも白水銀行出てくるのかー♪

くりおん@espeon245

下町ロケットは白水銀行と東京中央銀行が登場した時点で胸熱

下町ロケットも過去作品との関連があるところに注目が集まっているみたいですね!

人気の秘密②:対立構造がわかりやすい!

カネやプライドを巡る争いは分かりやすい!

※画像はイメージです。

池井戸さんの小説は一般企業を舞台に描くことが多いため、おカネやプライドをめぐって「誰と誰が何のために対立しているのか?」イメージがしやすく、欲望や葛藤、理不尽や疑惑が飛び交うなど、ドラマ性がふくらみやすいのです。

出典:なぜ日本人は池井戸潤ドラマに惹かれるのか | オリジナル | 東洋経済オンライン

人気の秘密③:勧善懲悪のストーリーが痛快!

勧善懲悪の王道、水戸黄門

水戸黄門も長寿番組を一つとして相当有名です。

その水戸黄門も勧善懲悪がベースになったストーリー展開が特徴なのです。

現代の水戸黄門と言われる【半沢直樹】

この『半沢直樹』も現代の水戸黄門と言われる通り、勧善懲悪のストーリーがメインになっています。

他の池井戸潤ドラマも勧善懲悪がメインにストーリーが進むものが多いです。

勧善懲悪、池井戸氏の作品を一言で現わすとこうなると思う。高い志を抱き、筋を曲げずに、誠実に努力を重ねると必ず報われる。逆によこしまな考えから人を裏切ったり、貶めたりする者は罰を受ける。

出典:現代の勧善懲悪ストーリー

人気の秘密④:感情移入がしやすい!

池井戸潤作品のジャンプのような筋書きが人々を引きつける!

「熱くストレートに感情移入できる」というコンセプトは、ドラマよりもマンガのそれに近く、言うなれば昭和の『少年ジャンプ』『ヤングジャンプ』というイメージ。「平成の『ドラマジャンプ』」とでも言いたくなるその筋書きは、小中学生のころに『ジャンプ』を読んで育った世代にバシッとハマるのではないでしょうか。

出典:なぜ日本人は池井戸潤ドラマに惹かれるのか | オリジナル | 東洋経済オンライン

そんな池井戸潤原作ドラマ『下町ロケット』の今後の展開に期待!

今作も高視聴率を維持に期待!『下町ロケット』

毎回高視聴率のまま終わる池井戸潤原作ドラマ。

『下町ロケット』の今後のドラマ展開や視聴率に大きな期待が寄せられますね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング