絶好調!香川真司がドルトムントで復活できた理由は?

2015-2016シーズンが開幕して、香川選手が大活躍を見せています。ドルトムントに復帰したことで、絶望的なまでの不調から立ち直りました。香川選手が復活できた理由は何なのでしょうか?

2015-2016シーズンは好調な滑り出し

絶好調の香川真司

ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントで、大活躍しています。

リーグ戦での活躍と成績

1ゴール1アシストの活躍を見せた香川真司

レバークーゼン戦でのプレイには、ドイツのスポーツ紙で最高評価が与えられました。

開幕5連勝を支えた香川真司

ドルトムントはシーズンを絶好の形でスタートさせました。

輝きを失っていた

ビッグクラブに乗り込んだ香川真司

移籍初年度は、マンチェスター・ユナイテッド、ファーガソン監督のもとで大活躍でしたが...

ワールドカップで期待通りの活躍ができなかった香川真司

日本代表の10番を背負った香川選手ですが、最終的にはスタメン落ちしました。
チームも引きずられるようにして惨敗。

なぜ復活できたのか?

アギーレ監督との出会い

香川がアギーレ監督と出会ってから、<4-3-3>のインサイドMFにコンバートされ、このポジションの適正が日本最高だと思われる遠藤保仁よりもボールによく絡んでいた事実に対して、筆者は”適正アリ”と見ます。

出典:香川真司復活のキッカケはアギーレとの出会い

このコンバートはかなりハマっていたそうです。

香川が惚れ込んだアギーレ監督

さらに、香川選手はアギーレ監督の姿勢がかなり気に入っていたらしく、楽しくプレイできるようになったそうです。

素晴らしい監督だったし、僕は本当に代表が楽しかった。今までやってきた中で一番楽しかったし、情熱的な監督の指導が好きだったので、短期間で素晴らしい人に出会えたと思っている。

出典:香川真司復活のキッカケはアギーレとの出会い

アギーレ監督が退任する際に残したコメントです。香川選手は熱血漢な監督が好きなんですね。

ドルトムントへの復帰

ドルトムントに復帰した香川真司

ビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドに固執せず、古巣のドルトムントに復帰しました。

マンUはサッカーの世界で言えば、確かにピカピカの超一流看板だが、香川にとって、新しい機会は、マンU以外にも常に開かれている。それでも香川が「いや、当面はマンUしかない」と看板に固執していれば、結果として今回の出来事はなかった。

出典:なぜ香川真司はドルトムントで復活したのか | 決断筋を鍛える | 東洋経済オンライン

潔くマンUを離れたことが、復活に繋がったと分析しています。

香川真司を呼び戻したクロップ監督(当時)

香川真司を擁してリーグ2連覇を果たした監督です。
彼もまた、香川選手にとってやりやすい熱血漢な監督でした。

温かいサポーターに囲まれている

ドルトムントに栄光をもたらした香川真司

地元ファンからの高い人気を得ています。
彼が移籍する際には、多くのサポーターが悲しんだそうです。

マンUで香川が受けた冷遇に怒ったドルトムントのサポーター

チームを2連覇に導いた香川選手への愛は凄まじく、「Free Shinji(真司を解放しろ)」というハッシュタグが作られ、こんなロゴまで生まれていました。

香川真司の復帰に歓喜したドルトムントのサポーター

「英雄が戻ってきた!」と歓喜するサポーター。
こんな温かい声援に囲まれていることが、香川選手の復活のキッカケになったのでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング