映画「セッション」がアカデミー賞で一大旋風!!ただの音楽映画じゃない!

映画「セッション」が面白すぎると話題になっています。その人気は音楽映画とは思えないほどの手に汗握るストーリー!そんなずば抜けた映画「セッション」に迫りたいと思います!

映画「セッション」はどんな物語?

映画「セッション」はドラマーを目指す少年の話。だがその教師は…

主人公のネイマンは世界で通用するジャズドラマーを夢見る才能溢れた若者。

そんな彼は名門音楽学校へ入学、その演奏が有名な教師フレッチャーの目にとまりスタジオバンドに招かれる。

有頂天になるネイマンだったが、そこで見せるフレッチャーの狂気じみた指導に打ちのめされる事に。

それでも食らい付こうとするネイマン、過激さを増すフレッチャー。

二人の行き着く先は……

出典:レンタル開始日決定!映画『セッション』J・K・シモンズ!

映画「セッション」はただドラマーを目指す少年を描いただけの映画ではない!

手に汗握るほどの興奮はこの鬼教師が理由なんでしょうね。

こんな教師嫌だ!映画「セッション」流鬼教育はこうだ!

とにかく激怒!その強面に生徒は震え上がる…!

映画「セッション」の鬼教師、あまりにも怖すぎる顔

こんな顔で怒られたら失神してしまいそうです。

【セッション】鬼教師は暴言もそれは酷い…

鬼教師の暴言は容赦がありません。また差別的な暴言も混ざっており、これには批判的な意見さえも出ているようです。

「ファッキン!赤毛のアイルランド野郎」、「ファッキン!ユダヤ野郎」、「ファッキン!デブ」、「ファッキン!ホモのゲイ」ととんでもない差別用語のオンパレードで、まあ狂人の設定ですからそれはそれでいいのですが

出典:『ジャズ?映画「セッション」の感想』

映画「セッション」で鬼教師を演じたJ・K・シモンズはアカデミー賞受賞!

そんな鬼教師を演じたベテランJ・K・シモンズはアカデミー賞で助演男優賞に輝いています。

普段は優しそうなJ・K・シモンズ【セッション】

「スパイダーマン」シリーズに出演していることでも有名なJ・K・シモンズは普段はこんなに優しそうな方なんですね。

鬼教師の指導で流血も!格闘映画さながらの演技に唖然…

「セッション」では映画の中で流血も!

鬼教師に負けじとドラムを叩く主人公の手から血が!格闘映画さながらの流血は観客の度肝を抜きました。

実際にマイルズは撮影で流血してしまった【セッション】

主演のマイルズ・テラーは熱演のあまり実際に流血してしまったそうです。

実際、彼がドラムを叩きすぎて、本当に血が飛び散ったそうだ。「血が流れるほどまでやったこと自体、役に対する献身ぶりや熱意の表れだと思う。彼の努力には感服したよ。マイルズは、何かこうと決めたら最後までやり通す集中力を持った、才能のある役者だ」。

出典:『セッション』J・K・シモンズ、血が流れた現場を語る

マイルズは実際にドラム経験者だったらしいですが、それにしてもすごい役作りですね!

映画「セッション」の監督デミアン・チャゼルも壮絶な人だった!

28歳の新鋭、映画「セッション」の監督デミアン・チャゼル

映画撮影時に28歳という若さだったのですから驚きです。

チャゼル監督は「セッション」撮影中に交通事故にあっていた!

19日間という限られた制作期間の中で1日18時間をかけて撮影を行い、途中で交通事故に遭い病院に担ぎ込まれるも翌日には現場に戻ったというチャゼル。「この映画は当初実現が困難に思えた。だからこうして日本で公開されるという知らせは、僕の耳にとっては心地良い音楽みたいに聞こえるんだ」とコメントを寄せた。

出典:壮絶な制作過程を経て完成した「セッション」、監督が日本公開についてコメント

映画「セッション」はチャゼル監督の自伝的映画

チャゼル監督は自身もドラマーを目指し、鬼教師によって挫折しています。そんな彼自身の自伝的映画にもなっているからこそ、そうした情熱が生まれたのでしょう!

まだまだ盛り上がりを増して行く映画「セッション」

映画「セッション」の鬼教師LINEスタンプも登場!

出典:pbs.twimg.com

映画「セッション」の鬼教師LINEスタンプも登場!

LINEのスタンプにもなっちゃった鬼教師。なんだかんだ愛されています。

レンタルも開始し盛り上がる「セッション」

レンタルも始まったそうなのでぜひ観たいですね!

映画「セッション」ラスト9分19秒は見逃せません!

ラスト9分19秒は特に見逃せません!映画史に残る名シーンに興奮間違いなし!

いかがでしたでしょうか?鬼教師に皆さんも熱くなること間違いなしです!これからも映画「セッション」からは目が離せませんね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング