【舞台演出本数】演出家、石井ふく子さんがギネスに認定される【183本】

舞台演出本数最多でギネス認定された、「渡る世間は鬼ばかり」などでおなじみの石井ふく子さんの演出作品をまとめました。

石井ふく子さん

代表作「渡る世間は鬼ばかり」

ホームドラマを作ることが多く、その中でも代表作「渡る世間は鬼ばかり」はホームドラマの不朽の名作となっています。

石井ファミリー

泉ピン子やえなりかずきなど、多くの俳優・女優を育成・起用し、芸能界に貢献しました。

多くの俳優・女優を育成・起用し、「石井ファミリー」または「石井組」と呼ばれる程の一大勢力を築いている。

出典:石井ふく子 - Wikipedia

「最多舞台演出本数」でギネス認定

テレビプロデューサーで舞台演出家の石井ふく子さん(89)が演出した初演舞台作183本が、「最多舞台演出本数」としてギネス世界記録に認定された。5日、東京都内であった明治座公演の制作発表会見で、お祝いのくす玉が割られた。

出典:石井ふく子さん、ギネスに認定 最多舞台演出183本:朝日新聞デジタル

「最多舞台演出本数」でギネス認定された石井ふく子さん

2015年1月に行われた「春日局」の公演をもって、183本の演出本数でギネス認定されました。

しかも、再演された作品は183本の中に含まれていません。

くす玉割りのサプライズに喜ぶ石井ふく子さん

ギネス記録を手に嬉しそうな石井ふく子さん

出典:www.sanspo.com

ギネス記録を手に嬉しそうな石井ふく子さん

実は、ギネス記録を三つ保持している石井ふく子さん

三つのギネス記録を手に笑顔を見せる石井ふく子さん

出典:www.sanspo.com

三つのギネス記録を手に笑顔を見せる石井ふく子さん

「テレビ番組最多プロデュース」
「世界最高齢の現役テレビプロデューサー」
「最多舞台演出本数」

三本のギネス記録保持者です。

90歳の石井さんは初演作(再演を除く)183作が「最多舞台演出本数」で、「テレビ番組最多プロデュース」「世界最高齢の現役テレビプロデューサー」に続きギネス世界記録に認定。「元気じゃないと、元気な舞台を作れない」と話すと、藤山は「先生のお年、三田さんもきれいで、演劇界の妖怪ウォッチみたいなもの」と笑わせた。

出典:石井ふく子さん最多舞台演出本数で3つ目ギネス記録 - 芸能 : 日刊スポーツ

石井ふく子さんの演出作品 抜粋

渡る世間は鬼ばかり

言わずとしれた長寿番組です。

肝っ玉かあさん

少しおっちょこちょいだがしっかり者の母親をテーマとしたホームドラマ。
30%前後の視聴率を誇り、3シーズンを通して、全117回の放送がなされました。

女と味噌汁

「別冊小説新潮」に掲載された小説が原作。
1965年に初めて放送され、1980年まで年2~3回のペースで放送される人気番組でした。

おんなの家

出典:pds.exblog.jp

おんなの家

東京下町の炉端焼きを舞台としたホームドラマ。

最終回には、石井ふく子さんご本人も出演されています。

テレビドラマでは、数々のホームドラマをヒットさせ、ドラマの黄金時代を支えました。

また、舞台演出家としても活躍されています。

かたき同志

出典:www.yukoyuko.net

かたき同志

石井ふく子さん「演出家は元気じゃないと」

ギネス記録はどこまで伸びる?

「あと何本作っていきたいか?」との問いに、
「演出家は元気じゃないと元気な舞台作れないから、元気じゃなくなったらやりません」と返した石井ふく子さん。

いつまでも元気で演出活動を続けていただきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング