和田アキ子に紅白落選のピンチ!Twitter開設も効果なし、歌手活動崖っぷち

和田アキ子がTwitterを突如開始!その背景には最近バッシング騒動が立て続き、近年ヒット曲のない状況が紅白連続出場にストップをかけそうだから?歌手活動が地味に崖っぷち。

和田アキ子がTwitterを開設!人気取り戻しの最終手段か?

芸能界の大御所和田アキ子が突如Twitterを始めた!

歌手界、芸能界の大御所和田アキ子がTwitterを突如開設しました。
どういった風の吹き回しなのでしょうか?そこには紅白出場と関係しているのではないかとのうわさが!

Twitterでプライベートを公開する和田アキ子

和田アキ子のツイートはイベントやリリースするアルバムの告知から、プライベートショットや飲み会の写真などを載せています。

和田アキ子@wadasoul2015

写真もらった 氣志團万博のリハ バーバルと10年ぶりにコラボ 本当にカッコいい これは、マネージャーから必ず入れろと言われてたの、忘れてた。おこられた。 皆、買ってね http://t.co/7r3BInhokW http://t.co/OedV2QGTyP

酒豪の和田アキ子ですから、今後ものすごいツイートが見れるかもしれませんね。

芸能関係者が考える和田アキ子がTwitter開始の理由

最近バッシング記事が多かった和田アキ子はイメージアップを図った?

最近バッシング記事がやたら出ていた和田アキ子はイメージアップのためにTwitterを始めたのではないかという意見がありました。

やたら和田アキ子がバッシングしていた

ピース又吉の小説や宇多田ヒカルの出産についてのコメントが物議を醸しだしました。
これらの発言を取り戻す、イメージアップのためにTwitterを開始したのでしょうか?

「このところ、ネットニュースなどを中心にやたらと和田のバッシング記事が出始めている。そんなこともあって、イメージアップのために“素”をさらけ出そうとツイッターを開設したようだが、書き込みが短すぎて和田の人柄の良さがまったく出ていない」(ワイドショー関係者)

出典:ツイッター開始も話題にならず...

和田アキ子のTwitter開始は全く効果なし?

和田アキ子のツイート内容やフォロワーの数などを見るとイメージアップに効果があるようには見えないようです。

歌手の和田アキ子(65)が先月18日、突如、公式ツイッターを開設。しかし、それほど頻繁に書き込むわけでもなく、ほとんどは仕事絡み。開設1週間ほど経った時点で、フォロワーは約4万7000人を超えたほどで“人気爆発”とはいかないようだ。

出典:ツイッター開始も話題にならず...

和田アキ子はイメージアップ失敗、歌手活動崖っぷちで紅白歌合戦出場に黄色信号?

しかし、歌手活動は崖っぷちの和田アキ子

紅白連続出場はしているものの今秋に発売されるアルバムにはカバー曲などが収録されるなど近年オリジナルでのヒット曲はないようです。

11月18日には、自身のルーツでもあるソウルミュージックをフィーチャーしたアルバム「WADA SOUL」を発売。アルバムには、今年のグラミー賞で4冠を受賞した英歌手、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー」のカバー曲などが収録されているというが、和田の歌手活動はかなり崖っぷちのようだ。

出典:ツイッター開始も話題にならず 和田アキ子“紅白落選”ピンチ

紅白は年々、“若返り”を果たしているだけに、常連の和田でさえもいつ落選するか不安なようで、話題になりそうなグラミー賞歌手の曲に飛び付いたともっぱらです」(レコード会社関係者)

出典:ツイッター開始も話題にならず 和田アキ子“紅白落選”ピンチ...

紅白に出ても同じ曲ばかり歌う和田アキ子

紅白での和田アキ子は毎年のように同じ曲を歌っているイメージが強いですね。

「昨年まで紅白には38回出場しているが、このところ歌っているのは『あの鐘を鳴らすのはあなた』や『古い日記』など昔のヒット曲ばかり。ここ数年はシングルを発売しても1000枚売れないこともある。

出典:ツイッター開始も話題にならず 和田アキ子“紅白落選”ピンチ...

和田アキ子は39年連続紅白歌合戦出場はかなうのか?

2015年の紅白歌合戦に和田アキ子の姿はあるのか?

様々な事情があるようですが、大晦日の紅白にアッコさんがいないというのは想像がつきませんよね。
今年の紅白はいったいどうなるのでしょうか...

現状では紅白出場は黄色ランプ。和田はもはや自身を取り巻く現状を、「笑って許して」いられなくなってしまったようだ。

出典:和田アキ子のニュース - ツイッター開始も話題にならず...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング