男子バレー・石川祐希の注目度急上昇!東京オリンピックに期待の新世代エース

2015年男子バレーワールドカップで、日本代表の石川祐希選手が大活躍しています。まだ19歳と若い石川選手は、既に代表のエーススパイカー。さらなる成長、そして2020年東京オリンピックでの大暴れに期待の石川選手をまとめました。

男子バレー日本代表

男子バレーNEXT4の一角

よりアイドルっぽいNEXT4の画像

ユニフォームが揃いの衣装みたいに見えます。
それにしても、この写真のコンセプトはいったい...?

イタリアで武者修行中

イタリアのチームと契約した石川祐希

イタリアのセリエA(バレーボールのリーグもこう呼ばれています)の強豪モデナと契約し、留学中の石川選手。
19歳にして海外で活躍しています。

2:04 モデナバレー スタメン 石川祐希 ミラノ戦

モデナバレー スタメン 石川祐希 ミラノ戦

普通にスタメンで試合に出ています。

高校時代から飛び抜けた才能

日本代表で既にエース

ワールドカップで大活躍の石川祐希

2015年男子バレーワールドカップの初戦、エジプト戦でチーム最多の24得点を叩き出しました。

開幕戦でフルセット勝利を飾った全日本男子を引っ張ったのは19歳の石川(中大)だった。世界ランクでは格上のエジプト相手に第1セットからフル回転、スパイクはもちろんバックアタック、サービスエースにブロックとチーム最多の24点を稼ぎ出した。

出典:「NEXT4」19歳・石川 大車輪24得点「思い切りやった」(スポニチアネックス)...

世界ランク20位の日本にとって、15位のエジプトは完全に格上。
その差をひっくり返したのが、新星・石川選手の大活躍でした。

史上最高の逸材

日本代表史上最高の逸材と称される石川祐希

フジテレビさんが呼んでいるだけかもしれませんが、その才能が抜群なのは誰もが認めるところです。

石川選手の何が凄いの?

最高到達点は345センチの石川祐希

スパイクの時の最高到達点が345センチという凄い高さです。でもトップクラスの中では割と珍しくない数字とのこと。

滞空時間の長さが武器だという石川祐希

石川選手の凄いところは、ジャンプしてからの滞空時間の長さ。これによって、相手のブロックを見てその間を抜くようなスパイクを打つそうです。

7:50 2014春の高校バレー 星城高校 石川祐希選手 全得点 まとめ

2014春の高校バレー 星城高校 石川祐希選手 全得点 まとめ

気持ちいいくらいバシバシ点を決めています。

あの日本代表のエースに似ている?

東京オリンピックにも期待

2020年オリンピックは24歳で迎える石川祐希

さらなる成長を遂げた姿を見せてくれることでしょう。
これからの石川選手の活躍、男子バレー日本代表の躍進に期待ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング