アニソン界のDIVAユニット、Kalafinaの「ARIA」という名曲は4人で歌っていた!?

Kalafinaといえば、アニソン界では超がつくほど有名な3人組女性ヴォーカルグループです。これまでにたくさんの曲を出しており、そのほとんどにタイアップがついているという驚異的な人気を誇るグループです。そんなKalafinaをネット検索すると出てくる「ARIA」というキーワード。どうやら、彼女たちの楽曲のようで、とても人気の高い曲のようです。そしてこの曲は4人編成だったとか?気になるKalafinaの「ARIA」について調べてみました!

Kalafinaを詳しく知りたい

Kalafinaプロフィール

出典:cdn.kdkw.jp

Kalafinaプロフィール

Wakana(左)
FictionJunction WAKANAとして梶浦由記に見出される。
伸びがあり清涼感あふれる歌声の歌姫。

Keiko(中)
FictionJunction KEIKOとして梶浦由記に見出される。
魅惑的な低音の歌声の歌姫。

Hikaru(右)
SonyMusicオーディション3万人の中から梶浦由記に見出された一人。 透明感と緊張感をあわせ持つ歌声の歌姫。

Kalafinaの3人

梶浦由記プロデュースによる、劇場版「空の境界」主題歌プロジェクトとしてスタートし、シングル『oblivious』(2008年)で鮮烈のデビューを飾る。以後、リリースするアルバム作品すべてがオリコンウィークリーチャートTop 10以内にチャートインし、2014年7月にリリースしたKalafina初となるBest Album『THE BEST “Red”』『THE BEST “Blue”』は、オリコンアルバムウィークリーチャート初登場3位(Blue)・4位(Red)を記録。

出典:Kalafina | プロフィール

Kalafinaをプロデュースしている梶浦由記とは?

プロデューサーの梶浦由記

出典:natalie.mu

プロデューサーの梶浦由記

日本の作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。アニメやゲームを中心として、CM、映画などの分野でも活動している。その独特な深みのある楽曲は「梶浦サウンド」と称されている

出典:梶浦由記 - Wikipedia

凄腕の女性音楽プロデューサーなんですね。

ARIAってどんな曲?

名曲「ARIA」とは?

出典:www.jpopasia.com

名曲「ARIA」とは?

『sprinter/ARIA』(スプリンター/アリア)は、2008年7月30日にSME Recordsから発売された、Kalafinaの2枚目のシングル。劇場版アニメ『空の境界』第四章と第五章のエンディングテーマを収録している。

出典:sprinter/ARIA - Wikipedia

ARIA(Kalafina)/空の境界

出典:アニソンの神曲を教えてください

ネット上では神曲として挙げる人も多いようです。

あれ!?「ARIA」は4人で歌っている!?

4人いる「ARIA」のジャケット

気になるのはまず、このジャケットです。Kalafinaって3人組じゃなかったの?と思いますよね。ライブ映像も4人で歌っているものがありました。

5:28 Movie 00 Kalafina   ARIA Live

Movie 00 Kalafina ARIA Live

幻の4人目のメンバーMaya

出典:canta-per-me.net

幻の4人目のメンバーMaya

脱退したMaya

出典:cs9521.vk.me

脱退したMaya

彼女が参加してるのはシングル「Sprinter・ARIA」のみで収録ではSprinterだけを担当してkalafinaを去りました

出典:kalafinaの初期メンバーMayaについて。どうして脱退したのかご存じの方がいら...

名曲揃いのKalafina

厳しいレッスンを乗り越えてきた!?Kalafina

「ARIA」以外も素晴らしい曲が多いので何曲かご紹介します

夢の大地

4:05 Kalafina 『夢の大地』

Kalafina 『夢の大地』

storia

3:54 Kalafina 『storia』

Kalafina 『storia』

Magia

5:19 Kalafina 『Magia』

Kalafina 『Magia』

Kalafinaの今後は!?

3人編成に落ち着いたKalafina

当初は流動的なメンバー編成と言われていたそうですが、Mayaの脱退後3人編成に固定されたようです。今後も美しい歌声を届けてほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング